夏季スクーリング(2)コンピュータ演習3編

1.日程: 8/4(金)~ 8/8(火)
2.科目: C言語入力実践

◆ 関連科目「プログラミング」(レポート科目) のおまけつき。
高1種情報(=高等学校1種教員免許(科目が)情報、の意味)のためには、COM演習2と3は必修なのに、COM演習1(MS Office 実践、昨年度履修)とプログラミングは必修でない。
夏季スクーリングより前にレポート版のC言語(「プログラミング」の事)を独学始めていればもっと解ける問題多かったかもしれないし、実際それをしていた同期受講者さんもいた。
シラバスで指定されたテキストも購入したけど、正直 “Hello, World!”を端末に表示させるとこしか【予習】できなかった。

“Hello, World!”を端末に表示させる問題を【予習】する中で、「確実に走るソースコード(のサンプル)を正確に打ち込めば、正解を端末に表示できる」てことだけが予備知識・・・という状態で、期日は5日間。
情報工学科にいる息子が「半期とか丸1年かけて発狂しそうになりながら覚えた」ものを30コマ(1日6コマ×5日)でやるわけなので、教授自身が「5日で修得するのは無理がある」とおっしゃっていた。
無理があるのを承知で「これまで、国語や数学などの教科で学んできた内容をC言語で表現してみる」を5日間やって、それを【C言語入門 (Introductory C language)】と称しているのだ、このCOM演習3て授業は。

テキストは、購入指定はなかった。
教授手作りプリントだった・・・
手作りプリントは、ホントにありがたかった。
課題を考えるよりも、例題コードを無心に打ち込むほうがホッとした。(例題コードにミスがあるのが混じってたけど)
完全なる初心者は、「質問はありますか?」と問われても、どこをどんなふうにわからないのかを把握できない。脳内が

A. やれそうだ。
B. ムリポ😢

の二択だし、簡単な問題も難しい問題も両方場数踏みつつ「成功体験のほうが上回る」学習で「今はできないものもできるようになりたい!」て気持ちにならないと、「質問できる段階」に行けないと感じた。
何度もヘルプを求めると、「設問ちゃんと読んでる?」とか「まだ文(コード)の意味わかんないの?」て煽られたり時に晒されたり・・・んで段々質問するの怖くなってきちゃったりした。

レポート科目の「プログラミング」には教科書指定が一応あって、購入したけど・・・その教科書、少~し読んでアンダーラインも引いたけど、アンダーライン引いたトコが何を言ってるのかは脳内にしみこまなかった。
ただ、荷物を重くしただけ・・・

重々しい事を書き連ねたC言語だが、私はコレにパズル的要素を強く感じながら授業受けた。
コードがうまく走った時は、それまでの辛さがチャラになるいくらい快感★ ちょうどジグソーパズルやクロスワードパズルが完成した時みたいな達成感があるのだ。
C言語担当教授は、前半と後半で2名いて、ともにタイプ違う方々(オタタイプと裏表ない辛口タイプ)だったが、基本的にはお二方とも「た~のしぃ~」を前面に出して授業されていた。
スクーリングの授業時は、快感1%、辛さ99%な心理状態。
だが日程が進むうちに、快感1%は増えないままだったが、辛さは少しずつ減っていった。
自分が「嫌だ、辛い」と感じるもののことを楽しげに語る教授を見るうちに

「教授はC言語好きだからC楽しい~♪って言って授業するけど、私も英語の授業してた時は教授と似た気持ちでいたのかなぁ?」

—みたいな一人反省会がいつしか脳内で始まり出して、最終日には「今年中には無理でも、諦めさえしなければC言語ともきっと仲良くなれる」と確信して家路についていた。
「嫌いだ」「辛い」という人が多いモノという点で、C言語と英語には共通点があるとも感じたんだろうな。

夏季スクーリング第2期は、宿はかなり転々とした。
前泊(8/3)が新宿→8/4が池袋、8/5が再度新宿で、8/6と7が小岩(すべてカプセルホテル)。

宿を転々としながらも、レアジョブは第1期よりもマメにできた。
8/4深夜は、歌舞伎町コメダでフリートーキング。
8/7には台風が来て、全身びしょぬれにもなった。
8/7は、小岩のコインランドリーで、Daily News Article(それもぶっつけ本番)。
8/8夕方は、大学近くのネットカフェのカラオケルームで、発音教材(こちらも最終日!)。
C言語授業の締めとレアジョブのカリキュラムの締めとを同じ日にやれたのは、なかなかうれしかった♪

(台風一過の虹が、「おつかれ~」て言ってくれてるように思えて、スマホ向けたよ)

 

 

夏季スクーリング(1)コンピュータ演習2編

  1. 日程: 07/28(金)~08/01(火)

  2. 科目:前半は Excel、いろいろなIF関数、フィルターの使い方、クエリでWebサイトを読み込む、ピボットテーブル

    後半は Access、Accessだけでデータ処理はほんの少し。Excel生データの正規化、一対多データリレーション作成、マクロで入力ページ作成

絶対遅れるわけにいかなかったので、前の晩から東京入り。
6月からホテル探ししてもギリギリな感じ。
ひそかに 1泊1980円ホテル 狙ってたけど、7月下旬の予約を6月初旬で取れない。
お産で入院以来の3連泊以上の外出だし、スクーリング自体が合計10何日もあるから、「内地留学」と呼んでいた。
授業期間は逗留地はあまり転々としたくなかったし、宿泊費は少しでも安くあげたった。
結局、前夜は一番よく利用する新宿のカプセルホテルで、当日夜から第1クール最終日までは、大学まで電車約1時間、4連泊以上なら1500円/1泊のセール中だったゲストハウスで4泊5日を過ごした。
ゲストハウス・・・
相部屋どころではない、二段ベッドが何床も連結してるだけの客室(というか個人のスペースがベッド部しかない)で、しかも男女同室、シャワーは100円/15分、アメニティ一切なし、TVはラウンジにさえなし、コインランドリーはあるが洗剤などは自分持ち・・・
1泊1500円(セールでなくても1980円)だから文句は言えないが、それでも、人生初のホステル泊は地味に一番強烈な体験だった。
でもそれって・・・

デジタルデトックスになる!!!

2泊目以降が、だんだん楽しくなってきたの。
TVって、ないならないで別の楽しみを探そうとするし、物理的にTVを見られない環境で暮らしてたら、授業終えて宿に着くとたちまち眠くなる。
値段の割に、それ以上に男女相部屋で壁のないベッドで、想像以上にぐっすり眠れたの。
宿に着くと眠くなるから、何としても勉強したい時は、6pmに授業終わった後、大学近くのマックや丸亀製麺で夕食食べてからまたキャンパスに戻って、図書館で勉強した。

実は、スクーリング第2クールの途中に、9月の単位修得試験科目のレポート締切日があった。
第1クール前から9月のレポート科目の教科書を読んだり、レポートの資料集めや草稿は取り掛かっていたのだけど、「レポート提出日から数えて1ケ月以内が発行日の新聞の読み比べ」というところは全く手を付けずに都心入りしていた。
Excelの授業は苦しみながらも達成感を持てたのだけど、Accessの授業が心折れた。
Excel生データを正規化(関連性の強い項目毎に小分けにする)したものをAccessに取り込んで、リレーションシップ とか呼ばれる一対多リンクを作ってから「実行」するのだけど、リンクがなかなかできない、私の使ってるノートPCだけフリーズの繰り返しで課題が遅々として進まない・・・
わからなくて(演算ができなくて)進まない以上に、PCが固まってしまって物理的に進まない。
でも教官は私のPC上のAccessの不調に考慮なしで・・・
んで、「COM演習2は落としたな。でも落としたら落としたでもうワンチャンある(来年1月に再履修できる)から再履の時にがんばろう」と開き直り、「夏の第1クールはAccessでないもので頑張ったぞって思えるもの見つけて終わるぞ」と気持ちを切り替えて、授業後のレポート作成に励んだ。
昨年もお世話になり、9月の試験科目担当の教官に学内で行き会い、「今年はレポート出てないねぇ?」て声をかけられたことも、やる気点火材料になった。

余談。
「東京滞在中でもオンライン英会話を続ける!」を裏目標にしていた。
ホテル移動は少なかったんで、出発前は「大学の帰り道、ホテルに着く前とかにレッスンできるかなぁ?」と予想したが、思ったよりできなかった。
第1クール前夜、7/27(木)に一人用カラオケルームでレッスンしたのみ。。。
8/2(水)~3(木)も都内で過ごすか合間小旅行しようかと思ったけど、驚いたことに

夫も8/2(水)~18(金)まで短期留学組んでた

—しかもカリフォルニア・・・・Σ(・□・;)

てのもあって、夫の見送りしたくなって、第1クール終了後は帰ったよ。
8/1(火)と2(水)の二晩しか過ごさない自宅に・・・

 

 

[レアジョブ あんしんパッケージ] 6回目 カウンセリングの覚え書き。

7月3日に、通算6回目のカウンセリングを受けた。
今月末から、大学の夏季集中講義でほぼ半月家を空けることが決まってる。
しかも、大学で学ぶのは、英語でなくてコンピュータ。
Accessだの、C言語だの、その他未知のモノ多数。
情報科教育法のレポートも終わってない。
「今年はパソコンやる年だから英語休止でもいいや~」てことにしたっていいのだ。
だが、しなかった・・・
それをやったら昨年の二の舞で、英語挫折街道まっしぐら(💦)
挫折回避のために、スケジュールが詰まってる時は初見でもできそうな教材ばかりを選ぶ・・・が、前回のカウンセリングからすっかり定着してしたい。

6月半ばに「文法教材 中級」を、Lesson 15まで終えていた。
そして、今後のカリキュラム選びを地味に悩んでいた。

レベル的にいい手ごたえなのは、文法中級。
だけど、英語以外のことに集中しなければいけないんで、「楽しい英語に没頭して、今(今年)やらなきゃならないタスクが終わらなくなる」のは本末転倒

—よって、「昔ちょこっとだけ手をつけたけど終わりまでできてない教材を完了させよう~!」と思い立った。
その中に、発音教材もあった。
ちょうど、5月に受けたスピーキングテストで、発音が前年より点数落ちたんで、【次回のスピーキングテストでは、発音部門でもっと点取るぞ!】と思って、発音教材をカリキュラムに選んだ。
ちょうどこの頃、「センター講師」と称するオフィス勤務講師の予約ページが新設されたのだけど、私はこれにすごく感動した!
発音練習をするなら、ビデオONのほうが効率いいし、自分の悪癖を直す恰好のチャンス。
6月下旬は、「センター講師」ページから重点的に予約→ブクマした。
ちょっとした 人脈作り ぽい予約の仕方をした。
05

だが、残念なこともすこ~しあった。
私が発音の悪癖を直すために発音問題を選んだことを「(発音問題はレベル低く設定されてるので)簡単な教材をやって楽しようとしてる」と受け止めた先生が、若干名だがいたように感じた。
彼らはたいてい “Why pronunciation material?” みたいに聞いてきた。
その時は、”My pronunciation score on my latest speaking test has dropped, so I want to practice pronunciation again.” みたいなことを答えたけど・・・
TOEIC教材や文法中級をやってた頃にすごくお世話になった先生が、私が発音教材選んだことを聞いたら、態度が変わったような気がしたのが、個人的に物悲しかった。
気にしなきゃ済むことなんだけど・・・

ほとんど日本人カウンセラーさんに愚痴聞いてもらうような感覚なのだが、今回は

英語以外に集中しなければならないことがある時期、平易な内容の教材ばかりをレッスンリクエストするのはアリかなしか?

—を質問した。

rarejob_counselingreport0703

カウンセラーさんからの回答は、たとえ教材レベルを下げてでもレッスン回数を減らさない の一択。
今回担当だったカウンセラーさん自身が、仕事が立て込んでる時は発音教材をやっている♫とおっしゃっていた。
私はSkypeの「ムード欄」にその時その時の近況やら、日本の天気やらを英語で書いているのだが、月末から東京のホテルに逗留することになる旨も、もちろんムード欄に書いた。
私がムード欄をこまめに更新することで、ブックマークした先生の大多数は、私のカリキュラムの選び方に理解を示してくださったり、仕事のことや大学の授業や課題のことで声かけしてくださった。
ありがたいことだ。

以後、自信を持って発音教材を進めることができたし、発音教材が終わった後の次の教材選びにも迷いがなくなった。

◆  比較的平易な教材を選んで、忙しくなってもレッスン回数を減らさないようにする。
◆  「一つの教材を最後までやりきった」という達成感を味わう。

—をモットーに、「内地留学中(=大学のスクーリングの間)は、昔途中までやったけどフェイドアウトしてしまった教材を終わらせることに終始」の英語学習方針を立てることができた。

 

 

香活。

仕事、家事、英語・・・をどうにかこうにか両立(三つだけど)するには、結構頻繁に「火事場の馬鹿力」を出す必要性に駆られる。
『無理してる」と言えないこともないが、「なりたい自分になるための無理」なので、他人にどう言われようとやめたくないのが本音。
いわば、好んで無理をしてる。

「好んで無理するタイプ」な私が、今年になってまたハマり始めたのが、アロマ。
実は4年前に「車内の悪臭を消そう!」がきっかけで始めたのだけど、車内の悪臭以外の効果も絶大だったことを思い出し、再開。
4年前は電源(AC、シガーソケット)使うタイプのディフューザーを多用してたけど、今年は部屋も車内もNO電源。
部屋でアロマ焚く時は、ティーキャンドルで下から温めるタイプのポット。

IMG_0031.JPG (2)

20171007_115213162_iOS

同じくティーキャンドル仕込む式でも、100円ショップで仕込むやつ(写真上)は、2時間くらいで水が蒸発して空になる。
水入れるトコがガラス製のアロマポットは、長時間用のティーキャンドル仕込んでも、約一晩水が持つ。

最初にアロマにはまった2013年頃は、コンセント入れて水を電気で高速撹拌する系のディフューザと下にティーキャンドルを仕込む式の陶器のポットを使ってた。
車には、シガーソケットから電源取って水を高速撹拌する系のやつ。
過去のブログにも書き残してた。

その頃は、娘2が闇落ちしてた頃と重なるので、娘2が寝る時にはオレンジ系のアロマを焚いてた。
オレンジスイートやマンダリンみたいな柑橘系の香りは、胃腸の調子を整えたり、リラックスするのによい・・・とウェブ検索で読んだから。
アロマオイルは、100円ショップや近くの雑貨屋さんにも売ってるけど、ブレンド香でないのが好きだから、単一の香りのエッセンシャルオイルをネットで買ってる。
そこは、4年前から変わらない。

05

職場に提出する書類を意地でも仕上げる時とか、レポート書くとか、気合い入れなきゃならない時は、樹木系のオイルを焚く。
ティーツリー、ユーカリとかをよく選ぶ。
とにかく安眠したい時には、柑橘系。
オレンジスイートやマンダリン、タンジェリンみたいに「見るからにミカン系」だけでなく、レモンやグレープフルーツもたまに焚く。

エッセンシャルオイル自体は薬ではないんだけど、薬効成分も含まれているみたいで、「妊娠中は避ける」とか、「てんかんを持っている人は避ける」、「高血圧の人は避ける」のような警告も書いてある。
それでも注意深く選べば、有効成分を鼻で嗅いで気合いを入れたり、より深くリラックスしたりができる。
そして、気合い入れる時にエナジードリンクを繰り返し飲んだり、寝付けない時に病院に行かずに薬局で睡眠導入剤を買って飲むよりは、身体に優しい。

 

 

もうひとつの「アップデート」。

今朝がた、「警視庁サイバーセキュリティ対策本部」の公式ツイッターで、メモしておきたいツイートを見つけたので、ここに覚え書き。
リツイートもしたんだけど、順序がうまく並ばなかったんで、ブログに埋め込むことに決めた。

メモしておきたいツイートの内容が、デジタルデータの個人情報類を守るための6箇条で、その名も”UPDATE”。
Update =(文書やOS、アプリなどを)「更新する」なんだけど、更新すること以外のデジタルセキュリティを守るために大事なことが、PからEまでに標語にされている。

[A] の、admin(管理者アカウント)は、「取り敢えず使えればいい」程度ならば使わないに越したことはないが、adminから何か設定をいじらないと端末の不調が直らないのに全くadminの使い方がわからない場合、有料で外注する必要性が出てくるかも。
自分でadminをいじれるならば、設定の外注費用分を浮かせられるけど・・・(失敗すれば以下略)
[E]は、MacBookデータをバックアップした外付けHDDにパスワードかけた(暗号化した)のだけど、パスワードをどうしても思い出せなくて、業者さん(パソコンクリニック)にパスワード解除してもらった苦い思い出がある。
工賃は・・・
直接料金かからなかったけど、お礼に周辺機器(千円台)買った(^^)/

せっかくパスワードを使い回さずに設定して [P]、保存した文書やそれを入れた機器にもパスワードかけて [E]も、そのパスワードを忘れちゃったり、忘れないようにと付箋に書いて貼ったりして逆にセキュリティを甘くしてしまうことが心配なら、[T] をやるのが一番簡単で間違いようがない。
使ってないで持ち歩く時は Turn Off で!
中のデータだけでなく、特にタブレットは端末自体も保護されて、一石二鳥、いや一石三鳥くらいいけるかも。
iPad mini4がゴーストタッチで壊れて代替機を送ってもらって以来(37800円・税抜き)、iPadは電源OFFしてからコレにしまうようにしています。
20170714_231202772_iOS
商品詳細
タブレットは、私達が想像する以上に繊細(=壊れやすい)だし。
スマホも案外、「使う時だけ電源入れて、普段は電源OFFで持ち歩く」が、セキュリティ守れてかつ端末に優しいのかもしれないなぁ。
「スマホ使っちゃいけない場所でだけ電源OFF」を改めよう。