新型コロナ罹患の覚え書き。

娘2が苦しんだ症状

ワクチン3回接種済み、最終接種から約5か月後の発症

  1. 発熱(高熱ではない)
  2. 喉の痛み
  3. 味覚障害 1ページ目の表の「※1」
  4. 咳(咳き込み嘔吐含む)
  5. 体重減少

娘2談ですが、「喉の痛みは、今まで生きてる中で一番ひどい痛み」だったようだ。
従来型の風邪での喉の痛みとの違いは、よく飲む病時飲料(ポカリスエット、OSー1の類)が喉にしみて辛いこと。
その中で、かろうじて受け付けた飲み物が

梅昆布茶

新型コロナに苦しむ中で何とかして梅昆布茶を飲んだ時、昆布のぬめり成分(グルタミン酸的なもの?)が、痛む喉粘膜に被膜を形成してくれるような感覚があったのだとか。
他にも、普段は大好物な食べ物が不味く感じた模様。主なものは・・・

①プチトマト
②はちみつ
③飲むゼリー

プチトマトとはちみつは「不自然に苦い!」で、飲むゼリーは喉粘膜にしみて飲む気が失せたそうだ。
なめこ汁は、梅昆布茶の次くらいに食べやすかったようだ。
ぬめりを含む、あまり強すぎない味の食べ物が、(対罹患前比)とっても美味しかった♪
主食も、ごはんやパンよりうどんが食べやすかった・・・

[次ページ] 抗原検査とPCR検査、より信頼度高いのはどちら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA