【覚え書き】ロー出しハイ受け

アンプにつないで演奏する楽器をやらなくても、すこ~しスピーカーにこだわってみる時にも必要な、ロー出しハイ受け の法則。
一歩間違うと発火につながることもあるそうだから、覚え書きを書いておく。

 

「出し/受け」とは?

「出し」は、アウトプットレベル、「受け」は、インプットレベル・・・というのは容易に想像できる。
問題は「ハイ/ロー」は何の高低を表しているか、だ。
「音量が、ハイ/ロー?」・・・と思ってしまうかもしれない(特にスマホや音楽プレイヤーにアクティブスピーカーをポン差ししていると)。

実際、この鳴らし方だと音割れしにくいし。
だが、厳密には違う。
オーディオコンポ(パッシブスピーカー含む)や電子楽器類をアンプにつなぐ時に重要な、インピーダンス(抵抗値:Ω)の数値のデカさが、ロー出し(音源から出す)ハイ受け(スピーカーで受ける)なのだ。
アクティブスピーカーだとあまり気にしない数値だけど、パッシブスピーカーではすごく大事な数値。

 

インピーダンス(抵抗値)て何だ?

インピーダンスとは、アンプやスピーカーユニットの仕様表に、「○○Ω」と書かれている数値を指す。
同じくらいの迫力の音量(W数値)を鳴らす時、Ωの数値がより低い機器ほど、より多くの電流を要する。
特にパッシブ●●(アンプと本体が別々のオーディオ機材や、楽器)では、鳴らしたいもののインピーダンス(Ω数値)をアンプのインピーダンス許容範囲に収まるようにするのが大事。

 

しばんちにある自作パッシブスピーカーの構成一覧

使用者 何を鳴らす? パワーアンプ 製品名とスペック スピーカーユニット 製品名とスペック
しば デスクトップPC Lepy LP-V3S シルバー
スピーカーインピーダンス:2~8Ω
※4~8Ω推奨
ACアダプタ:12V  5A
出力:25W×2 R.M.S.
NFJ 3インチ フルレンジ
4Ω定格12W
息子 デスクトップPC Lepy LP-2024+ ブラック
スピーカーインピーダンス:4~8Ω
ACアダプタ:12V  5A
出力:20W×2 R.M.S
秋月電子 8cm フルレンジ
8Ω定格10W
娘2 デスクトップPC Lepy LP-V3S ブラック
スピーカーインピーダンス:2~8Ω ※
ACアダプタ:12V  5A
出力:25W×2 R.M.S.
NFJ 3インチ フルレンジ
4Ω、定格12W

「ロー出しハイ受け」で、何がロー/ハイなのか?・・・は、Ω値の数値。

パワーアンプが持っているΩの数値<=スピーカーユニットが持っているΩの数値

—であれば、安全に音を楽しめる。
逆だと危険、ということ。

ロー出しハイ受けでスピーカーシステムを構成することの重要性は、下記のサイトに丁寧な解説がある。

だが、パワーアンプにパッシブスピーカーをつなぐ時、インピーダンスにしか気を付けずにいると、R.M.S出力トラップにハマって、じわじわとアンプを過労状態に追い込んでしまいかねない。
※R.M.Sについては下記参照

実際、自作(パッシブ)スピーカー2セット目を組んだ時、R.M.Sトラップをやってしまい、息子とパワーアンプを交換して現在に至っている。

 

聞き比べ。

(1) しば&娘2 現在の構成 ※アンプの色だけ母娘で違います。しば:銀、娘2:黒

 

(2) しば、2セット目組み上げ直後(パワーアンプ最大出力<スピーカーユニット最大出力に気付く前)

定格出力(R.M.S)てのは、鳴る音の迫力の平均値のようなもので、再生する楽曲によっては、最大出力(MAXやPEAK、定格出力の2倍で見積もる)近くの音が出てしまうものもある。
比較的静かな曲を多く聞く分には問題ないのだが、アンプにとっては優しくない構成。

 

(3) 息子、現在の構成 ※しばとパワーアンプ交換後

聞き比べポイント:

(1)と(2) アンプのRMS値が変わると音色がどう変わるか?
(2)と(3) スピーカーユニットのインピーダンスやワット数が変わると音色がどう変わるか?

オーディオは 沼♡
デスクトップPC以外の音楽聞けるガジェットも、木のスピーカーで鳴らしてみたい —てな野望が、じわじわと湧いてくる。