【デュアルディスプレイ】縦長・横長併用 よく使うアプリ全表示を目指す。

This post has already been read 32 times!

1台のデスクトップに2台ディスプレイをつなぐアレ!
近頃は、ノートPCででも追加ディスプレイをつなぐ方も出てきたみたいで・・・より一層進化を遂げてる感が半端ない。
デスクトップだと、上位モデルGPUつけて3台以上ディスプレイつなぐ方もいらっしゃるようだけど、私はディスプレイ数は2台で満足してるかなぁ。
ただし、こだわりポイントは、ある。

ディスプレイ2台のうち、横長で使うのは1台のみ

今のデスクトップ周り。
左:21.5インチワイド(Phillips製)横使い HDMI接続
右:23.8インチワイド(i-o DATA製)縦使い DisplayPort接続

写真のフィリップスのディスプレイ、映り具合は好きなんだけど、脚が華奢で、底面のネジが緩んでくると、画面が揺れるんで、撮影後に娘2と交換した(BenQの21.5インチワイド:息子のお下がりを娘2が使用していた)。
Webサイトをじっくり読みたい時に、マウスでスクロールする手間を大幅に省けて、めちゃくちゃ気に入ってる!
初のDisplayPort接続品、DVI-Dと比べて、イラストの輪郭がにじまずに映ってよい!

(注)ディスプレイケーブルの種類については下記サイトを見てね!

 

2台のディスプレイを、それぞれどう使う?

どちらがメインディスプレイ?・・・は、状況によりけり。
基本的には「より大きいほう」または「より新しいほう」をメインにしてる。
何を映すかの大まかな傾向は、下記の通り:

  • 横長のディスプレイ:動画、画像エディタ、ブログ管理画面(特に記事執筆時)、横長のExcelブック、PPTプレゼンテーション
  • 横長でないディスプレイ:縦使いWord文書、メーラー、エクスプローラ添付ファイルを探す時、Webページ閲覧、ブログ閲覧や推敲

 

デュアルディスプレイ・構成の変遷

第1期:2016年

左:18.5インチワイド (HYUNDAI製)DVI-Dシングル接続
右:17インチスクエア (IBM製)D-Sub接続

職場で初めてディスプレイの2台使いを知り、すっかり魅せられて、自宅のデスクトップにも取り入れた感じ。
違うメーカーだけど、縦がほぼ同じくらいだったので気に入っていた構成。

 

第2期:2017年

左:18.5インチワイド (HYUNDAI製) DVI-Dシングル接続
右:17インチスクエア (シャープ製) D-Sub接続

この時期は、横幅の広いExcelブックを取り扱うことが増えたので、同じ2画面でも、映したい文書が滑らかにつながることに特にこだわっていた。
2台のディスプレイの高さと、ベゼルの幅がそろうことが、殊更重要だった。
2台ともワイド画面にすれば、横幅広いExcelブックをより一層一気に映せたのだけれど、なぜか「1台はスクエア」にしたかった。
それは、単純にWebサイトやPDF文書を読む時は、スクエア画面に映すほうが読みやすかったのだ。

 

第3期:2018年~2020年3月

左:21.5インチワイド (Phillips製) HDMI接続
右:20インチワイド (DELL製) DVI-Dシングル接続

2018年は、私にとってPC利用面で一大変革が起きた年。
初めてデスクトップを自作したのだが、デスクトップ自作を機に、周辺機器への要求水準(こだわり度)が爆上がりした。
Webカメラの画素数やFPS(1秒当たりの動画コマ数)値、ディスプレイの接続形式、その他もろもろ・・・
リサイクルショップでたまたまピボットディスプレイ(画面を90度回転させて縦使い、横使いを変えられる仕様)を2000円税抜きで購入して以来、2画面中1画面は縦使いすることにドはまり。
縦使い画面は、大学の課題レポートのような、複数ページに渡る縦長長文文書を作る時に大活躍!
スクロールの回数が減ると、本当に作業が効率化する。
入力に集中できるから。

向かって右側に映ってるDELLのディスプレイは回転しないモデルだけど、以後しばらくDELLの中古ディスプレイをご愛顧することになる。
画像の品は、完全に映らなくなって、DELL Japanのリサイクル部署(川崎市)に連絡して専用袋を送っていただき、ゆうパックの特別便(送料会社負担)でリサイクルセンターに送ってお別れをした。
2画面は、Skype英会話でも威力を発揮した。
1つの画面にSkypeアプリで先生の顔を映し、もう1つの画面で教材のWebページを映すと、臨場感が半端なかった。

「2台目(中古)が映らなくなったのなら、いい加減デュアルディスプレイ辞めてもいいんでないか?」との天の声を聞けど辞められず、しかもピボット(90度回転させて縦使いにすること)にこだわってリサイクルショップを物色して出会い、2018/11に連れて帰った、通算3代目DELL中古ディスプレイ 1500円税抜き。
今どき珍しく、専用のサウンドバーがついていた。
元々どこかの会社で使っていて、販促スライドの音声を流していた名残だろうか?
大きさ的には、19インチスクエア。
コレを、ごく最近までPhillipsと2台並べて使っていた。

 

[次ページ:縦長ディスプレイ新調の経緯と、新たなタスクバー設定]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。