#stayhome おうちの中でこその楽しみ探し(2)トイレに○○で元気注入 #savelives

This post has already been read 102 times!

この記事は、本来ならばサボテン/多肉植物に属します。

2020/04/26 更新

 

失意の時期は、なぜかトイレに植物を置きたくなる。
初めてトイレに置いた植物は、100円ショップで買った【キンエボシ】なるもの。 ※サボテンの一種
時は2012年。
震災前までアクアリウムをしていて、水草はそれなりの種類を育ててきたけれど、陸上植物はかなり苦手・・・というか、興味を覚えなかった。
震災を機に、あまり電力を使わずに育てられる生き物を・・・と思い、観葉植物系をお持ち帰りした。
あまり高級なのを買って死なせてしまうと悲しいから、手始めに100円のを・・・(*^^*)
やがてトイレはサボテンを状態よく育てるには不利な要素多すぎ😢ということを学習し・・・

トイレで(サボテンでない)観葉植物育ててみる

特価の、シダ系観葉植物。
特価品だから、名札ついてた?
別に名前知らないで飾ってもいいんだけど、私は家にお迎えするのならば、動物でも植物でも「名前を知りたい!」て思う人。
ならば、調べて、同定あるのみ( ´∀` )

チェックポイント:
(1) 葉っぱの形
(2) 草姿(上に伸びる、垂れ下がる・・・など)

ネフロレピス ツデー

英名:Boston Fern

ともかく植木鉢にてんこ盛りだ♬
トイレは1階と2階にあるから、半分に分けて2鉢植えて、1鉢150円相当か(ニヤリ)

半分に分けて、定植したところ。
用土は、観葉植物の土(こげ茶で、ピートモスっぽい手触り)、赤玉土、鹿沼土を混ぜて使用。
配合は、鉢底石を敷いた植木鉢に、観葉植物の土2:赤玉土1:鹿沼土1。
NO肥料。
水やりは、1日1回、葉水(葉っぱに霧吹きする)。
大概の花やサボテンへの水やりの感覚で、根元にじょうろで水やりすると、逆に元気がなくなる。
水を十分あげると、根元からゼンマイみたいな新芽が立ち上がってきて、それが結構かわいい♡

シダ類なので花は咲かないのだけど、花言葉は一応ある。
「繊細」 「天真爛漫」 「無垢」  「上機嫌」  など

風水的には、陰の気を吸い取る働きがあるそうだ。
陰の気を吸い取る植物(=化殺植物)が枯れる場所は、邪気に覆われていると解釈されるので、しっかりお世話してもシダが枯れる場所というのは・・・ちょっと悲しいな😢 でも、掃除をがんばろう♪の指標にはなるかな。

 

[次ページ] 緊急事態の長期化、常態化を受け入れるために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。