#stayhome おうちの中でこその楽しみ探し(1)真空管♬萌え #savelives

This post has already been read 65 times!

この記事は、本来ならば テクノロジー/オーディオいじり に属します。

ついに、逝ってしまった。
昨年秋から、ひそかに憧れていたブツを、ポチった。
Beforeコロナ時代は、「これが欲しくなったらば危険」と感じて、購入を我慢していたブツ。
手に入れたらば、思い切り世界が変わる。
そのブツとは・・・

真空管プリアンプ

Tube Amplifier

AIYIMA BT5.0 6J1胆プリアンプ

「スマホやiPod touch内の音楽を木枠スピーカーで聞けたらいいな」て憧れがず~っとあったんで、Bluetooth付きのにした。
夜に部屋の灯りを消して、真空管の光を眺めながら音楽鑑賞するのはたまらん!

 

開封の儀!

真空管は、箱の手前に横たわっている。
上部の丸い穴が、真空管を差し込む場所。
画像には映ってないが、RCA to 3.5mmステレオケーブルもついてる。
「RCAケーブル」って・・・こんなのね。

(画像はアマゾンよりお借りしました)

「RCA」とは、赤と白の部分のこと。
赤が右側の音、青が左側の音を伝送する。
商品説明ページだと、この真空管アンプとアクティブスピーカー(鳴らしたい機器とポン差しできる種のスピーカー)をつなぐ構成例が載ってるけど、配線はこんな感じ。
アクティブスピーカーがBluetooth対応機の場合は、真空管アンプとつなぐ時はスピーカー側のBluetoothモードをオフにする。

動画だと、スマホと真空管(プリ)アンプはBluetooth接続、真空管アンプとアクティブスピーカーは、有線接続になってる。
スピーカーのBluetoothモードはオフ。

 

ところで、「プリ」って何だ?

実は、アンプには2種類あって・・・

(a) スピーカーを鳴らす仕事をするアンプは、パワーアンプ

(b) パワーアンプの手前に入って(英語の接頭辞pre)音源機器からの音信号の微妙な調整をするアンプが、プリアンプ

—で、上位モデルのステレオセットだと、アンプも2台に分かれてる。
ミニコンポ等だと、(a)と(b)の仕事を1台でこなすアンプ(プリメインアンプ)をよく見かける。
アンプ2台になるから、当然配線は複雑になる。
真空管アンプに付属のRCAケーブルはそのままでは使えず、2RCAオス×2のケーブルが必要になる。

(画像はアマゾンよりお借りしました)

赤のプラグはアンプの赤い穴(右チャンネル)、白のプラグはアンプの白い穴(左チャンネル)に、OUT側(プリアンプ)→IN側(パワーアンプ)の順に接続する。

上の図が、真空管アンプ購入前の、デスクトップPCとパッシブスピーカーのつなぎ方(音響機器の絵がiPodになってるけど、音声出力穴が3.5mmステレオで共通だから、PCで書かなかった)。
下の図が、真空管アンプを追加したつなぎ方。
下の図では、パワーアンプ側の音量や音質調整ダイヤルはほぼ固定にして、プリアンプ側中心に音量の高低を調節する。

今回購入した真空管アンプはBluetooth搭載だけど、Bluetooth送受信専用機でないし、個人的にAUX(有線)接続時の音色のほうが好きだから、AUX接続中心に話するね。

 

真空管アンプ有りと無しとで、聞き比べ。

Before(真空管アンプ無し、パワーアンプのみをPCとAUX接続)

After(真空管アンプ導入後:PC→真空管プリ→パワーアンプの順でAUX接続)

AUX接続時は、[POWER]スイッチの下に赤ランプ点灯。

 

[次ページ:「プリアンプは音質調整をする」って、どういうこと?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。