#レアジョブ レッスンルーム、気軽に、気楽に、大らかに(←ココ重要)使おう

05/18の記事では、年初めの受講端末ごとの感度実験結果表を載せているけど、WebRTCコンテンツの音質画質は、使用端末とインターネットへの接続形態だけで判断できるものではない。
使用端末に使われている部品性能でも、動作性の差は生じる。
もちろん、高価な部品や周辺機器を使うほど、よりよい音質画質で楽しめることは言うまでもない。
音質画質を上げるには、いわゆる「ゲーミングデスクトップ(ゲームを快適に楽しめるスペックを持っているデスクトップ、という意味)」に搭載されるような部品が必要で、その点、廉価なビジネスモデルノートPC(概して本体が薄くて小さい)はかなり不利。
価格を安くする=部品性能を下げる だからだ。

 

Continue reading “#レアジョブ レッスンルーム、気軽に、気楽に、大らかに(←ココ重要)使おう”

パソコンばらしてみるよ。(5)親子同時にGPU交換

レアジョブがSkypeよりもレッスンルーム(Skype的な動きをするWebページ。スピーキングテストで使われるやつにビデオ会議機能をつけたもの)を推奨するようになったんで、自宅のデスクトップで受講できる時は、極力レッスンルームを選ぶようにしている。

が!

残念なこともある。

 

近頃、ビデオ映像がカクカクする

 

自宅デスクトップPCは、(1) 有線LAN接続にして、(2) ゲーミングモデルの(有線)ヘッドセット使う —まで推奨条件整えてるのにビデオ映像がカクカクするのは、おそらく部品性能が追い付いていない?!
真っ先に思い当たるのは、GPU(=グラフィックボード)の性能。

Continue reading “パソコンばらしてみるよ。(5)親子同時にGPU交換”