新型コロナ濃厚接触者としての自宅待機の覚え書き。

症状が出てて辛い時期に陰性続きだった娘2

新型コロナ(おそらくBA.5?)は、娘2の場合、発熱や喉の痛みでほんとに辛い時期に、抗原検査(医療用の検査キット)で陽性にならなかった。
娘2は抗原検査は陰性が続いてるけど、①熱も出てる、②尋常でない喉の痛み、③味覚も変わっちゃってる、④④も出始めた、⑤だけど発熱外来(のある、以前かかったことも入院歴もある病院)で診療拒否された・・・の五重苦にあえいだ08/07~08/11が、保健所が「濃厚接触者として自宅待機」を命ずる期間
08/12が、私が娘2から感染したかの見極め日。

(しかし、私も会社からのPCR検査キット陽性を確認するまでは、出勤や通信制大学スクーリング参加こそ見合わせたが、自分達と娘2のための食材の買い物には出かけてしまっていた)

娘2がようやくPCR検査を行い、陽性判定が出たのは、発症から5日目。
しかもPCR検査キットが「患者自身が入力する形式のHERーSYS(患者専用アプリ)」に非対応で、さらに悪いことに、発熱外来開設のクリニックにことごとく診療(HERーSYS登録のための確定診断)拒否をされた。
保健所にその旨問い合わせすると、

患者様ご自身で入力するHERーSYS陽性登録には、医療用抗原検査キット(で陽性判定が出ている)の写真を使用してください

・・・の一点張り。
そのくらい、あの日、あの時(2022/08:BA.5第7波)は、保健所と医療機関各所が処理落ちしていた。
ドクター、ナース、医療事務スタッフ、保健所スタッフ・・・それだけじゃない、COCOAやHERーSYSのデータセンターのオペレーターの方々まで、地獄のような日々を暮らし・・・私にCOCOAからの「薄黄色画面」の通知が来た日は、08/15。
娘2の自宅療養期間も終わりに近づいている時期に「濃厚接触者なので自宅待機(しかも彼女の療養期間終了日のほうが早い)」のお知らせが来たので、私も通知を見て即保健所に電話。※ほんと、問い合わせ電話多くて申し訳ない気分

しば
しば

COCOAから濃厚接触者通知が来ました。私は今後どのように過ごしたらよいですか?

あなたの本来の自宅待機期間は、08/07~08/11までで、08/12の時点で症状が出なければ、登校や出勤禁忌の期間は終わります。
現在症状がないならば、本来ならば自宅待機期間は開けているのですが、安心のために5日間慎重に行動し、無症状者向け検査センターで陰性判定を確認してから、元の生活に戻るのをお勧めします。

保健所職員さん
保健所職員さん

私にCOCOAから「濃厚接触者通知」が来たことで、私の通信制大学の夏のスクーリングがすべて散った(全日程キャンセルしなければならなくなった)。
「悔しいけど、いのちを、健康を守るためだ!」と念じて、大学事務局に届け出をし、スクーリングキャンセルメール(2通目)を書いた。
「実は、あなたが申し込まれた科目とは別の科目なのですが、教授が濃厚接触者になってしまい、急遽オンライン授業になることになりました」と、大学の事務員さん。
夏季スクーリング参加者は、対面授業開始2週間前から「独自の健康観察表記入(朝夕の体温、症状チェック、外出の有無と外出先名称)」を課せられていて、行動経路をアナログレベル最高値の管理をされている。
私がスクーリングをキャンセルするかも・・・の相談をする前に、他の科目で事前キャンセルの報告は若干あったようだった。

正直なところ、夏季スクーリングがおじゃんになったことで、私は今年度で卒業できるのか、非常に不安になった。

「夏季スクーリングで都内滞在中に、大学図書館やら宿泊先でレポート科目をやっつける」という野望を掲げていたのだが、それが潰えたのだ。

[次ページ] 駅前の「検査センター」でPCR検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA