#レアジョブ 先生をブクマする時の気持ち。(レアジョブに限らないと思う)

タイトルには #レアジョブ ってハッシュタグがついてるけど、これは私が03/12現在レアジョブでオンライン英会話をやっているから、そうしてる。
(もし他社でレッスンを受けていたならば、そこの社名だった)
マンツーマンレッスンタイプのオンライン英会話教室で、担任制を敷いていないトコならば、「お気に入り講師を登録する(=ブックマーク)」というシステムは、大概ある。

私は2014/01にレアジョブに入会して、ゆる~く7年目に突入。
どれだけゆるいかというと・・・

通算100レッスン到達に、7か月かかったほど

1日1コマプランでも、毎日確実にレッスン受ければ、4か月目で達成可能なのに・・・(自慢にならない)

先生をブクマする条件

実はこれが、年を追うごとに微妙に変わってるし、近年は「よく使う教材でのレッスン展開がうまいと感じるか?」が基本的にはブクマする鍵。

※:3月までの暫定数
(教材名) :2019/08までで廃止された教材

2014年のブクマ条件(1)「楽しく雑談できる」は、ある意味大前提みたいなものだったが、昨年秋頃、生徒側ページの「レッスンリクエスト」から【フリーカンバセーション】が消えたことに気付いて以来、ブクマする条件が大きく変わった。

結果的にフリーカンバセーションだと、先生方の勤務査定が下がるのかなぁ・・・

—みたいなことまで考えてしまうようになった。(職業病)
私が心配しても仕方ないのだけど・・・

 

[2] 自分にとって「特定先生をブクマする」とは?