パソコン組んでみるよ。(16)親子同時自作再び!【息子編】

咄嗟の思い付きでマザーボード交換!

Windows11の製品版リリース日に、私はダメモトでPCショップを訪ねた。
少し前にネット動画で見た、Alder Lake(intel第12世代)のM/BやCPUが、店頭に出ているかどうかを気にしながら。
もし店頭になければ、そのままの構成(intel第10世代)のままでWindows11ディスクを回すつもりだった。
だけど、出会ってしまった・・・

  1. intel Core i7 12700K 3.6GHz
  2. ASUS ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI (第12世代用M/B)
  3. ASUS DDR5 U-DIMM 32GB KIT (第12世代用メインメモリ)
  4. CFD M.2-2280 (NVMe) 1TB (PCIe Gen4×4)
しば
しば

ここまでで税込み17万だけど、家族2人で使い継ぐんだと思えば、いける!

決済する前に、息子に「私の第10世代M/B要るかい?」と聞いてみた。

なおちん
なおちん

くれるのなら、もらう

私は第12世代セットを持ち帰り(もちろん分割払いだ・・・)、「私の」2号機からM/Bを外す。
昨年夏に、新型コロナ給付金を使ってお迎えした第10世代M/Bと、正直こんなに早くお別れするとは思っていなかった。
売りに出したのではないので、お別れというよりはむしろ、息子のトコへ嫁がせた形。

息子が使用中だった「第8世代セット(CPU、M/B、簡易水冷)」は、息子の名義で売却。
ここでも、「家族間リサイクル」が発生。

想定外のM/B買い替えに遭い、息子のデスクトップへと引っ越すことになったintel第10世代M/B
今回は、新たにPCを組むことはなく、息子・私間での「部品のもらい合い」のみ。

[次ページ] 息子機、マザーボード交換してみて気付いたこと

コメントを残す