【想像を絶する激務】娘1迎え入れ準備+単位認定試験+アパート退去→監視下生活?

人生で一番忙殺されてた時期。
人生で一番馬鹿力発揮してた日々。

だがしかし、「娘1のベッド」に娘1が落ち着くのは、再就職先が決まって、宇都宮に引っ越してからなのだ。
ベッドを組み立てた後は、大学の単位認定試験。
持ち込み可で救われた。

実は、試験終了後に東京駅に向かう時の【中央線快速】も、遅れてたんです。
急病人が出たとか何とかで。

それでも、予約した名古屋行きのバスには間に合って、10pm前には四日市市内に入れた。
その後、ツイートどころでないほどの、荷造り地獄。
車も持ってない(レンタカーも借りてない)し、引っ越し屋さんも頼んでないから、全部手作業で詰めて、自宅集荷に来てくれる時に渡せる分だけ段ボール箱を渡し、それでも詰め切れない分は、段ボール箱調達をしながら、手作業でコンビニ等に持っていく。
引っ越し屋さんに頼めば、軽く5万超えるような量だったし、「単身パック使わないの?」と聞かれてしまったほど。
だがケチった。

アパート退去予定時刻を1時間延ばしてもらい、その後、最終確認をして、でかい荷物をコンビニから宅配便手配して・・・どうにかこうにか手荷物だけにして、近鉄急行→新幹線→高速バスで、娘1帰還。

ただし、娘1は帰還からの「ベッドにダイブ!」は叶わず、娘2が寝るはずだった和室奥の「縁側」に、しばし逗留することになる。
娘2は月初めは喉頭炎、クリスマス期は胃腸炎・・・で病魔の餌食。
年が明けても、卒業試験とか、教習所とかで・・・病気は治っても寝場所交換叶わず。

娘1帰還中の我が家の雰囲気は、こんな感じ:

「また賑やかになった」とは程遠かった。
「監視カメラがもう1台増えた」っていうのは、本心。
前職辞めて帰還したての頃の娘1は、「私のできてないトコは自分を棚上げして指摘にかかる」の連射だった。
1つか2つならば難なく反省や改善ができるのだが、連射に次ぐ連射で、時には改善に日を要するトコばかりを突いてきた。
「安易にコインランドリー使うんじゃねぇよ」に対しては朝早く(4時とか5時台)起きてひと英語やひと仕事・・・のスタイルを崩して朝食仕込みと洗濯タイムに充てた(朝家事する習慣なかったのも問題だが・・・)。
だが「洗濯物は庭に干せよ」はまだいいほう。
娘1が起きてる間は、食事時間と寝る時間以外は、これ見よがしに細かな所の拭き掃除。
そして一番心折れたのは、「何か臭いんだけど・・・」を連呼された時。

ほんとに「老い」を自覚した。コレも買ったし、衛生用品も追加したりした。
当然、オンライン英会話も、壊滅状態。
「居間でレッスンしないでぇ~」はよく言われた。

娘1が常時いる生活に慣れるまでは、レッスンを予約する元気が出なかったなぁ。

 

帰還最初の1ケ月、さんざん小競り合いした。
その中で、【8年前に180度ものの見方が変わった事】がさらに180度回って・・・つまり、

我が家の家族問題が一周回った。

「健全な家庭」と呼べる家庭じゃないけど、健全でないなりに「我が家のいいとこ」を探そうという気になった
小競り合い収束の頃に、息子成人記念の家族写真撮影。

過去ツイートを見返したら、娘1来てる時にWindows デスクとiPad mini4が時間差つけて逝ってた。
Windows デスクはHDD交換ですぐ直ったけど、iPad mini4がとんでもなく厄介な故障(だと後になってわかった)。
iPad mini4故障&修理記録は、後日記事にします!