弾丸名古屋旅。

娘1が、勤め先をやめることになった。
長期に寝込む・・・程ではないのだが、体調不良がチョコチョコ起きて、年度の病休を使い切ってしまったとのこと。
元々アトピー持ちで、皮膚科通いが必要だったし(見た目は「アトピー」って言わなきゃわからない程度にフツーな肌だけど、それを維持するために要通院)、昨年秋からは胸の痛みに苛まれて、がん検診までした。
結局、胸の痛みはがんではなく、肋間筋と肋間神経痛だったのだけど、仕事の時は要コルセットだったようだ。

退職を決めるにあたって、娘1の選択肢は:
(1)人材派遣会社の社員として籍だけ残すけど、家賃等自前で【仕事オファー来るまで待機】 にするか、
(2)一旦人材派遣会社ごと辞めて実家に帰って、体調が上向いたら再度就活 にするか
—だった。
それで、経済面や体調が回復しない場合等を考慮して、今回は思い切って退社して(ニートにはなるが)肋痛をしっかり治して、治りきらないまでもどんな時に良くなってどんな時に悪くなるかを把握して次の就活につなげる、という運びになった。

急きょ、水戸⇔名古屋の夜行バスを予約。

朝の名古屋駅前、長距離バス乗り場。
JRバス以外は、駅構内より少し離れたバス停から乗り降り。
名古屋行きは、2005年夏の、愛知万博以来。
だが、駅の様子なんか全く覚えてない!

朝食は、名駅地下街コメダの「モーニング」!!
これをいただきながら、オンライン英会話もした。
名古屋では、【カフェでノパソ出してる人がいない!!!】のがかなりのカルチャーショックだった。
バツ悪くなって、思わずMacBookを膝の下に隠したよ。

今回の旅のメイン目的は、名古屋観光ではなくて、四日市に住む娘1の、アパート退去準備。
要は、いらないものは捨てる、いらなくないものは段ボールに詰める、そして運送屋さんに運んでいただく。
今回は、極限まで引っ越し費用をケチったため、なんと、引っ越し業者を全く使わなかった。
通常の宅急便の自宅集荷で、退去日約1か月前からちょびちょびと運び出し。
娘1一人だと、でかい家電(PCとか)を配線外して梱包するのキツイので、その部分をしに四日市入り。
四日市も、いろいろ見どころあるのだろうけど、そんなの後回し。
ひたすら、段ボールに、詰める、詰める、詰める・・・

食事もコンビニ食材@娘1のアパート内で済ませて、水戸行きの夜行バスに間に合うギリギリまで荷造りに次ぐ荷造り。
21時台に近鉄四日市線に乗って、名古屋へ。
名古屋駅までは余裕持って行けたのだけど、正月2日の娘2同様、夜の水戸行きのバス乗り場までで、盛大に迷った。

駅構内に地図を見つけるたびに食い入るように見て、まずはどこでもいいから「長距離バスの乗り降り所」を目指した。
ま、最初に見つかるのは、JRバスの案内所。
もちろん、JRバスしか乗り入れないんだけど・・・思い切って窓口の方に聞いてみた。
「水戸行きの夜行バス乗り場は、ここからどう行けばよろしいですか?目印になる建物とか・・・」

窓口の方によると、JRバス以外の名古屋駅乗り入れバスは、乗り場は1か所しかないのだそうだ。
上りも下りも同じバス乗り場から発着で、目印になる建物は、吉野家。

水戸行きのみならず、高崎行きのバスもここから発着だった。
だいたい、北関東方面・・・みたいにまとまってるのね。
JRバス窓口の方に吉野家を教えていただいたお礼に、吉野家で軽食。
らじるらじるでNHK英語講座番組を聞きながら、早めに並んで(バスの)良席狙い。

 

 

そして、一夜明けると大雪に出迎えられる ・・・

で、弾丸旅終了。