香活。

仕事、家事、英語・・・をどうにかこうにか両立(三つだけど)するには、結構頻繁に「火事場の馬鹿力」を出す必要性に駆られる。
『無理してる」と言えないこともないが、「なりたい自分になるための無理」なので、他人にどう言われようとやめたくないのが本音。
いわば、好んで無理をしてる。

「好んで無理するタイプ」な私が、今年になってまたハマり始めたのが、アロマ。
実は4年前に「車内の悪臭を消そう!」がきっかけで始めたのだけど、車内の悪臭以外の効果も絶大だったことを思い出し、再開。
4年前は電源(AC、シガーソケット)使うタイプのディフューザーを多用してたけど、今年は部屋も車内もNO電源。
部屋でアロマ焚く時は、ティーキャンドルで下から温めるタイプのポット。

IMG_0031.JPG (2)

20171007_115213162_iOS

同じくティーキャンドル仕込む式でも、100円ショップで仕込むやつ(写真上)は、2時間くらいで水が蒸発して空になる。
水入れるトコがガラス製のアロマポットは、長時間用のティーキャンドル仕込んでも、約一晩水が持つ。

最初にアロマにはまった2013年頃は、コンセント入れて水を電気で高速撹拌する系のディフューザと下にティーキャンドルを仕込む式の陶器のポットを使ってた。
車には、シガーソケットから電源取って水を高速撹拌する系のやつ。
過去のブログにも書き残してた。

その頃は、娘2が闇落ちしてた頃と重なるので、娘2が寝る時にはオレンジ系のアロマを焚いてた。
オレンジスイートやマンダリンみたいな柑橘系の香りは、胃腸の調子を整えたり、リラックスするのによい・・・とウェブ検索で読んだから。
アロマオイルは、100円ショップや近くの雑貨屋さんにも売ってるけど、ブレンド香でないのが好きだから、単一の香りのエッセンシャルオイルをネットで買ってる。
そこは、4年前から変わらない。

05

職場に提出する書類を意地でも仕上げる時とか、レポート書くとか、気合い入れなきゃならない時は、樹木系のオイルを焚く。
ティーツリー、ユーカリとかをよく選ぶ。
とにかく安眠したい時には、柑橘系。
オレンジスイートやマンダリン、タンジェリンみたいに「見るからにミカン系」だけでなく、レモンやグレープフルーツもたまに焚く。

エッセンシャルオイル自体は薬ではないんだけど、薬効成分も含まれているみたいで、「妊娠中は避ける」とか、「てんかんを持っている人は避ける」、「高血圧の人は避ける」のような警告も書いてある。
それでも注意深く選べば、有効成分を鼻で嗅いで気合いを入れたり、より深くリラックスしたりができる。
そして、気合い入れる時にエナジードリンクを繰り返し飲んだり、寝付けない時に病院に行かずに薬局で睡眠導入剤を買って飲むよりは、身体に優しい。