#stayhome COVID19パンデミックで店から消えたもの #savelives

This post has already been read 71 times!

Withコロナで「一周回って昭和に回帰」?

 

マスクが店頭から消えた時、私は直感的に「常時売り切れで買えないことを嘆くより、自作するほうがストレスが少ないのではないか?」と感じた。
それで、試作品を作ってみたりもした。
自分の幼少期(小学校入学前)に母がガーゼマスクを自作していたのを、今頃になって思い出したのだ。
2月、3月には娘達が「悪いけど微妙・・・」と言っていた自作マスクが、今ではコンビニや100円ショップに型紙が張り出されていたり、週刊誌に型紙がついていたりと、外出できないことを「塞翁が馬」とポジティブ変換しているのか、逆に推奨されていたりする。
そして、マスク、手消毒アルコールに続いて、液体ハンドソープが店頭から消えてしまった(入荷するとしても宝くじ的に不定期)今、ストレスを減らすために備えるモノに、コレを推す。

固形石鹸の部分よりも、「網」・・・

(留め具付き品。画像はアマゾンよりお借りしました)

レモン型の固形石鹸は、ある意味懐かしい。
学校の流しに置いてあった石鹸が、大抵コレだった。
この中に固形石鹸を入れる。
中に入れる石鹸は、レモン型でなくてもよい。
ソープディッシュに置くこともできるけど、十分使い切る前に折れて何か不快(゜_゜) (それが原因で液体ハンドソープに乗り換えた勢)
だが液体ハンドソープを買いたくても買えない、買おうにも価格がダフってる今、私は「宝くじ的にしか入荷しない液体ハンドソープの詰め替え用を待っていら立つよりも、固形石鹸+棒ネットでしのぐほうがストレス少ない」の判断をしたよ。

まず台所にぶら下げてみたが、娘達の反応は

これ共用するのやだな

私、「だが、今後液体ハンドソープは病院とか公的機関専用になって、一般人が買えなくなるかもしれないよ。一般人固形石鹸しか選択肢がない近未来だったらどうするよ?」と突っ込んだら

(娘1)マイ固形石鹸(-_-;)
家族の人数分、流しに石鹸がぶら下がるのか・・・何かシュールだけど、感染しないためなら止む無しだな

 

なんだか、新型コロナのウィルスそのものよりも、副産物のほうでメンタルがズタズタ。
発生初期に罹患した中国の某医師(入院したが回復、退院を果たしている)が「希望を失わないことが大事」とYouTubeで言っていたのを、動画が出た当初は「ドクター自身が根性論で克服せよとは何事?」と思ったけど、今は「体だけでなく心も蝕むウィルスなんだな・・・くわばらくわばら」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。