Apple ID変更。

8月盆で、夫の実家に行こうとして、家を出ようとしたその時、突然スマホが鳴った。
クレジットカード会社の、カスタマーセンターからだった。

深夜に、海外のフィッシング団体が、私のクレカから10万いくらかの「購入?」をしたので、クレカをロックして引き落としを阻止しました

—という内容だった。
思い当たる節は、電話がかかってきた前日に、

あなたのApple IDは使用できなくなっています。再度使用できるようにするには、iTunesストアにログインし、クレジットカード情報を再度入力してください

—というメールが来て、クレカ情報を入力してしまったこと。
そのメールが実はフィッシング(詐欺)メールだったのだけど、差出人がAppleだったから、見抜けなかった。

当時、私は Apple IDを2種類持っていた。
Apple(本陣)は、Apple IDは1つで全部賄うことを推奨しているが、iCloudができる前からiTunesを使っている人(主にiPhone発売前からApple IDを持っている人)は、iCloud用とiTunesストア用とで、別々のメールアドレスを届け出して、別々に決済する設定ができる。
私も、今年の夏までは、課金モノには2007年に初めてiPod classicを買った時から使っているApple IDを使い続けていた。
@icloud.comで始まるメルアドは、iPhoneを持つようになってから「iCloud専用のApple ID」として、無料のiPhoneアプリをダウンロードする時と、画像などをバックアップする時に使っていた。

フィッシング詐欺未遂では、10年モノのApple IDのほうが【被害】に遭った。
メールアドレスを変えてもクレカ情報を変えなければ2度目以降のフィッシングに遭いそうに思えたし、その逆もありうるのではないか・・・
LINEスタンプやスマホゲームアイテムをちょこっとだけ買ったり、でる順パス単(アプリ)や辞書アプリを買っているアカウントだったけど、2度目のフィッシング被害に遭う危険と不安とを天秤にかけ、10年モノApple IDを完全削除することを決めた。
(ちなみに、iCloud用のApple IDは残した)

10年モノApple IDを完全削除は、すなわち【Apple IDの一本化】なのだが、残すほうのiCloud用アカウントは、クレカと紐付けしていなかった。
iTunesストアカードのシリアルを入力してID作ったと思われる。
Apple ID一本化に際し、「携帯料金として決済」みたいな支払方法にした。
携帯料金払いならば、たとえ新Apple IDがハックされるようなことがあっても、クレカ情報が漏れることは少ないように思ったから。

Apple IDは、完全削除するためには、Appleのサポートセンターに電話をし、オペレーターの指示に従う。
しかも、サポートセンターへの電話→オペレーターの指示に従って操作・・・だけでは終わらない。
最初の電話をしてきた翌日に、古いApple ID削除後に不具合があったかどうかを確認するために、オペレーターから電話がかかって来るので、状況報告をする。
旧Apple ID削除後の状況確認telが、内地留学第3期に向けて上京中(それもホテルに向かう途中の電車内)にかかってきたので、なかなかシュールだった。

Apple IDを完全削除するとできなくなること[まとめ]

(1) 旧Apple IDでダウンロード(or 購入)したアプリのアップデート
(2) 旧Apple IDでダウンロード(or 購入)したコンテンツを新Apple IDで再購入する
(3) 旧Apple IDでiCloudに保存していたデータを呼び出す(or 再ダウンロード)

※参考資料:エンジョイ!マガジン「Apple IDを削除したくなったときの方法と注意点」by 中野友希さん


私の場合は、iCloudとAppの決済先を分けていたので、(3)の心配は無用だった。
(2)は絶対できないわけではないが、やってしまうと新IDで3か月間新しくアプリ購入ができなくなる—て警告を見て、やめた記憶がある。
iPod用にいくらかCDアルバムのダウンロードをしていたけど、それは以後レンタルCDでカバーすればいいので、不正請求されかけた旧Apple IDを完全削除する決心をつけることは難しくなかった。だが、OALDアプリとか、ジーニアス英和・和英のアプリは、断腸の思いで削除したなぁ。
旧IDを削除する前には、新Apple ID(私の場合は、iCloud用ID)でiTunesにログインして、iPhoneのフルバックアップを忘れずに取る。
ゲーム類は、Game Centerと連動させられるものは連動させておく。
ゲーム類の場合、バックアップが残ってれば、旧Apple IDが消えてしまっても【以前のデータが残っています。ダウンロードしますか?】て聞いてくれて、Apple ID変更後も続きからプレイできた。

ちなみにLINEやTwitter、Instagramなどは、IDとパスワードを覚えてさえいれば、Apple IDが変わってもログインできたし、書き込みすることもできた。
ただ、LINEはトーク履歴の未バックアップ部分は消えちゃった。
フレンドリストは無事だった。
LINEやらSkype、その他各種スマホアプリは、旧Apple IDを削除して2か月くらいは、新Apple IDでバックアップ取ったり再度ダウンロードし直ししても、アップデートができない時があったかなぁ。
アップデートに失敗する時は、思い切ってそのアプリを一旦削除してから、Appストアで再インスト(=ダウンロード)した。

 

 

 

 

ヘッドセットジプシー。

いろんな場所で、いろんな端末使ってオンライン英会話をしていると(自宅以外でもすることが多いという意味で)、ヘッドセットが地味に溜まってくる。
2014年1月にレアジョブに入会したのだけど、かれこれ3年ンヶ月で、インカム(片耳イヤホン+集音マイクみたいなやつ)まで含めると、現在の手持ちヘッドセット数は、4台。
1台は3.5ミリ3極プラグのオーバーヘッドタイプ(よく見かける形)で折り畳み式。
20170328_135701128_iOS

 

2台目は、差し込む部分がUSBになってる両耳タイプなんだけど、前に愛用してたやつが壊れたっぽいので、先月辺りに買い替えた。

elecom_usb2_fromamazon

上:Before (Elecomのふかふかイヤパッドの両耳タイプ&折り畳み)
中:途中(耳当て部が気に入って買ったがマイクが微妙で買い替えた、ミヨシの両耳タイプ
miyoshi_headset

すごく作りが頑丈そうに見えるけど、そして音もそこそこよかったんだけど、たった一つだけ残念な点があった。それは:

マイクの音量が小さすぎる

—ひとえに、マイクの集音部が口元まで届かないから、音小さいのだ。

それで、頭にきて買い替えたのがこちら
elecom_usb_fromamazon
同じElecomなんだけど、手元で音量調節もできるやつ。
マイク(集音部)が口元近くまで届くことを最優先にして、耳当て部のずれやすさや、音漏れしちゃうところは諦めた。
作りが華奢なので、専ら家で使ってる。
手元で音量調節できるとこが気に入ってるから、音漏れとかずれやすさは今のところチャラにできている。

05

実は、家の外でもレアジョブのレッスンすることが結構な頻度であるけど、車での移動の時は、折り畳める3極プラグ両耳(普及型の)ごついヘッドセットを持ち歩いてる。
もちろん、スマホでも使えるようにするアダプタや、MacBookででも使えるようにUSB外付けサウンドカードも一緒にポーチに詰めている。
荷物はでかくなるけど、やっぱりヘッドセットは両耳すっぽり覆って、マイクも集音部にスポンジついてるほうが、スムーズにSkypeで会話できる💛

写真練習旅 in 袋田の滝。

昨日は、朝からばっちり晴れた。
デジイチのバッテリも十分にある!
課題もちょうど1個おわったところ。
こんな日は写真撮らないともったいない♪
—というわけで、行ってきたよ。

袋田の滝

たぶん、10年ぶりくらい、私の記憶が正しければ。
息子が小学生で、剣道してたけど、大子で試合があって、試合の帰り道に、滝を見てから帰ったと思うの。
当時は観瀑台が1箇所しかなかった。
しばらくご無沙汰の間に、滝へと向かうトンネルの突き当りに、エレベーターが新しくできてた。
エレベーターを使うと、滝の一番上の部分もよ~く見える(カメラに収まる)。

DSC_2207

全自動モードよりもシャッタースピードを速めてみても、水しぶきをストップモーションでとらえることは難しいや。
※ 上:しば撮影 (Nikon D3100) 、 下:なおちん(息子)撮影 (Pentax MZ-30)

fukurodafalls_20171008_naochin

006

そして、滝撮影後は、キタムラさんでフィルム現像。

写ルンですで撮ってスマホに転送~

—みたいな幟が何本も立ってたのがかなり印象に残った。
(リンクは、カメラのキタムラ公式サイトです)

袋田はまだ紅葉始まってないけど、紅葉×滝の組み合わせは絶景!
絶景、すなわち 写真練習チャンス(^^)/

母、機種変す。

senior_garaho

(画像は au公式サイトより)

母が、重い腰を上げて? 携帯電話を機種変更した。
最新型の、簡単ケータイ(ガラホ)。

母の携帯始めは、2008年製の簡単ケータイ(by 京セラ)。
購入当時、端末代金が0円だか5000円だか忘れたが格安だったんで、8年前(2009年)の母へのクリスマスプレゼントにしたのだった。

最初はメールさえせず、今でも「公衆電話代わり(誰かから携帯に着信があるかもしれないとか想定しない)」とか「ツアー旅行行ってる時に添乗員さんに電話できればそれでいいの♥」って豪語して、バッテリが爆速で減る旧機をいつまでも愛用してた。
傍で見てる私のほうが「携帯電話の意味を成してない」とハラハラ。
私がiPhone を 6 Plus から SEに変えた時に、私の旧機を差し上げようと考えて、「お試し」してもらったりもした。

スマホには、ひそかにあこがれはあったみたい。
でも、「スマホはでかい!」(特に 6 Plusはかさばる)が決定的理由になって、歯医者に出かけたついでにauショップに寄って、店員さんに選んでもらって決めたのだそうだ。
取り敢えず電話帳の移行だけしてあって、テスト通話みたいな感じで帰宅直後でまだ車内にいた私に電話かけてきて、その後はお披露目タイム。
正直、母は性格も携帯電話も私より乙女☆彡

006

本当に、ホントウに、ホッとしたよ。
「物を大事に(長く)使う」ことは基本的にはよいことなんだけど、

3Gが停波に向かっている中で未だに3G携帯をしぶとく使い続ける

―母を見てるのは、かなりハラハラした。

そして今、iPhone愛用中の私と子ども達×3は、母とは別の部分で時代の流れに抗っている。
iPhone8シリーズにイヤホン穴がないことに、非常~に落胆してる。
なじんだものに固執するのは、血なのだろうか?

 

満月を撮る。

fullmoon_rev_1030

※ 2012/10/30, Pentax K200Dにて

デジイチを持った当初(2008秋)から、お月さまは好んで選ぶ被写体。
ガラケーのカメラやスマホでも、さすがに満月のクレーターは写せないし、それ以上に、お月さまはピント合わせの練習にも最適。

だが今年は、私と息子とで、デジイチを交換した。
息子の16歳の時の誕プレだったNikon D3000を、今年から私が使い倒す。
7月にも一度お月さまを撮ってみたけれど、Pentaxとおんなじ感覚で「夜景モード」で撮ったら、とても残念なことに・・・

DSC_2159

※ Nikon D3000 にて (一切の編集なし元画像)

そして今日も、最初のほうは・・・

fullmoon20171004

マニュアルフォーカスにはしたけど、数値設定が適当だったため、お月さまより雲が強調された画に仕上がったり・・・(;´・ω・)

悔しくて、「満月 クレーター 撮影」でぐぐったよ。
そして、最高で最強なブログ記事に出会った。

【完全保存版】手持ちのカメラで月をキレイに撮影する方法![満月から三日月まで] by 中原一雄さん @ studio9

05

このブログに書かれた設定をして・・・長いレンズ(70~300ミリ望遠)履かせて・・・
ISO感度とシャッタースピードまではブログに書いたとおりにできたけど・・・

F値だけは、どんなに頑張っても【規定値(8.0)】に届かず!

ニコン君的最大F値で、再度お月さまに挑んだよ。
fullmoom20171014_03

★ Nikon D3000, MF, ISO400, SS 1/800, F値 5.6にて

光の加減をすご~く選ぶけど、なんとかクレーターが写ったよ!
幸せ♡