スピーカー作ってみるよ。(3)アンプにつなぐ、そして、曲を流してみる

この記事でようやく「スピーカーを作ってみるよ。」も終われそう・・・
やっとこ、アンプの出番。
アンプと言えば、中学~結婚前迄持っていたフルサイズステレオコンポについていたアレ(プリメインアンプ)を思い出す。
今買い戻したくても、高くて買えないし、製造から何十年経ってもリサイクルショップは買い取ってくれる、一種のヴィンテージ物。
パッシブスピーカーも同じ。
変な話、パッシブスピーカーは、自作するよりも中古のスピーカーを買ったほうが、費用は半値以下だし、組み立て労力ゼロ(目利き力は必要)。
実際、廉価(中華)アンプを買う人は、往年のオーディオ好きさんで、フルコンポステレオ持ってたけど、純正品アンプだけ壊れてしまって(´;ω;`)・・・的な人もいて、レビューを寄せていたりする。
今回は、パッシブスピーカーとアンプの接続法と、曲を流した感想だ(^^♪

手順は以下の通り:

① スピーカーケーブル(二又に分けられる平行線)を用意する

② スピーカーケーブルの両端を二又に分ける

③ 二又に分けた両端の被覆を剥ぐ

④ 露出した銅線部を、アンプとスピーカーターミナルに取り付ける

⑤ アンプと、音を流したい機器とをつなぐ

 

① スピーカーケーブル(二又に分けられる平行線)を用意する

スピーカーをアンプからどのくらいの距離離して置きたいかに応じて、2本(2.0chの場合)切り出す。

 

② スピーカーケーブルの両端を二又に分ける

画像は、アマゾンベーシックの【被覆が透明なスピーカーケーブル】だけど、+極と-極の見分けが一瞥でつかない。
黒い線があるほうが-極につなぐ方で、ブロンズのほうが+極につなぐ方なのだけど、スピーカーユニットの端っこやスピーカーターミナル、アンプでの接続口には、赤いつまみと黒いつまみがついていて、赤のほうが+極、黒のほうが-極になっている。
初めてのスピーカー自作ならば、2色に分かれているケーブルを使うほうが、接続を間違えにくい。
(例:スピーカーケーブルツイストペアフラワーライン RVS2*1.5 赤・黒や白・黒のツートーン)

③ 二又に分けた両端の被覆を剥ぐ

カッターで浅く切り込みを入れてから、先端部のビニル被覆を抜き取るんだけど、「しっかり取れるように」と思ってカッターに力を込めると、中の銅線まで切れてしまって、地味に辛い工程。
ケーブルストリッパーを使えばたやすいんだろうけど・・・

それでも、なんとか被覆剥がした。
これを、2本作る。

 

④ 露出した銅線部を、アンプとスピーカーターミナルに取り付ける

これはアンプ側のターミナルだけど、ステレオ入出力するためには、赤/黒のバネ付きケーブル差込口に、スピーカーケーブルの先端を差し込む。
10代の頃に愛用したフルコンポステレオだと、すでに両端RCA端子(赤と白のプラグや受け口、画像だと左側のようなモノ)でアンプとラジオチューナー、ターンテーブル、カセットデッキ、CDデッキなどをつないでいて、スピーカーだけネジ巻きっぽいケーブルだった???
バネつまみを下げてる間だけコネクタが開いているんで、バネを押さえつつ手早くケーブル先端をアンプやスピーカーターミナルに差し込まなければならない。
もちろん、極を間違えないようにして。
アマゾンベーシックのだと、黒が-側、透明が+側・・・
特に、片側だけ+とーが逆だったり、ケーブルを差す側が正しくても、万一アンプ内部配線が+/ー逆になっていたとしたら、楽曲の聞こえ方が変わってしまって、期待するような音色にならなくなってしまう(逆相
(出典:「No.1 スピーカーと逆相」 from Kurizz-Labo Audio Basic & Tips

⑤ アンプと、音を流したい機器とをつなぐ

RCAオーディオケーブル(④のアンプ背面の写真で、向かって左端に差さってるやつ)で曲を流したい機器とアンプをつなぎ終えたら、完成!!!
やっとこ鳴らせるよ~~

(鳴らしてみたよ)

サブウーファ―がなくなったので、ベース系の迫力はなくなったけど、娘2に「大音響」と苦笑されることもなくなった。
中音部が、ドンキさん2.1chスピーカーよりも、柔らかな音色になった(クラシックで顕著)。
純喫茶にいるような気分!(^^)!

今は作り付け本棚に直に置いてるけど、スピーカーの底を床や棚などから浮かせる(スピーカースタンドに載せるとか、インシュレーターを追加)と、より一層深みのある音になるんだとか。
アンプも常に電源ONだと本体が熱を帯びるんで、夏場は棚板に直に接しないように、キッチンラック小に載せたりとか、アンプ下にスノコでも敷こうかな。
家族が寝る時間帯になったら、アンプの電源スイッチ切って、できればACアダプタも抜こう(もしPCで何か聞く時はヘッドセット使おう)。
スピーカー関連って、いろいろ沼すぎる( ´∀` )

 

 

Leave a message!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください