USB Type-C 外付けHDDを作る。

Mac PCをバックアップするための、外付けドライブ選び、意外と難儀する。
初めて使った外付けドライブは、MacBook Air Early 2014 (最初に入ってたOSはYosemite)。
購入時に、Seagate STEA500400 がサービスでついてきた。
「Time Machine用に」って・・・
初めてのMacだったから、初期設定をお願いした。
それはそれでよかったのだが、Time Machineが残念過ぎた。

どう残念だったって・・・?

 

 

Macがスリープしてしまうと、Time Machine用の外付けドライブは「ハードディスクの不正な取り出し」エラーを吐く

 

2.5インチの外付けドライブって、大抵はバスパワー(ACなし)なの。
WindowsでもMacでも、PCが通電されてれば動けるんだけど、バックアップに時間がかかってスリープすると、2.5インチ外付けまで電流が行かなくなっちゃう。

 

そんなもんで、購入時にサービスでついてきた2.5インチ外付けドライブは、早々にリサイクルショップ行き。
ACアダプタ付きの3.5インチHDDに変更!

最初は、中古HDD+激安外付けドライブケース(USB-A 2.0)で、総費用3500円くらいで用意したよ。
MacOS用にフォーマットし、いざ Time Machineを起動~♪

画像は今使ってるMacBookのだけど、外付けドライブをMac用にフォーマットする時、「ディスクを消去」て言うのには、かなり戸惑った。
※ しかも、Mac用にフォーマットされた外付けドライブは、Windows だと認識すらできない

 

「MacをACアダプタ付き3.5インチ外付けHDDにバックアップ」は、Macがスリープした時に「ハードディスクの不正な取り出し」エラーを吐くことを減らせたけれど、別の問題が浮かび上がった。

外付けHDDがUSB-A 2.0仕様だと、転送速度が尋常でなく遅い

  

特に初めてバックアップする時など、丸24時間かかっても進捗10何パーセントとかで、さすがにキレた。
Windows PCだと「USB-A 3.0の外付けHDDとの相性問題」が時たま起きていた2015年代に、MacBook AirのUSBスロットは、差込口が青くなくてもUSB Type-A 3.0仕様だったのだ。
今でこそUSB Type-A2.0の外付けドライブは、激安の自作外付けドライブケースか、これも激安のUSBメモリくらいになったけど、2015年代に特価のUSB Type-A 3.0外付けHDDを探すのには、電気屋さんのチラシの日替わりセールチェックが必要だった。
購入指標は下記の通り:

① 1万円未満

② アマゾン通常価格より安い

—両方満たしてないと嫌。
だが、両方満たせば即お持ち帰り(^^♪
さすがに中古HDDと外付けドライブケースとで自作すればぶっちぎりに安いけど、500GB以上のHDDだと、新品と中古の価格差があまりない。
むしろ特価の新品既製品のほうが安い!
P●●ポの日替わりセールorドンキの数量限定安売り vs アマゾン を比べて買ったものだ。

 

だが、今年MacBookを買い替えてから、事情が変った。

USB Type-Aの穴が消えた

ホントは、私が初めてのMacBookを買った年の夏ぐらいにMacBook 12インチが出て、そこから徐々にMacBookのUSBジャックがType-Cに置き換わっていくのよね。(MacのデスクトップにはUSB Type-Aはまだ残ってる)
「こまめにバックアップしよう!」って思うためには、手軽に外付けHDDをMacBookに差せなければならない。
だが、使い慣れたUSBスロット(Type-A)がなくなってしまった現行MacBookで今までのUSB Type-Aの外付けHDDを使い続けるためには、ドックステーション(複数の周辺機器を同時差し可能なタイプの変換アダプタ)をかませなければならない。
これは、アマゾンが圧倒的に安い!
実店舗で買うと安くて7000円台、しかも穴の種類少ない・・・

それで、息子が3号機のHDDを増強したついでに、USB Type-Cの外付けHDDの自作を決めた。

 

 用意したもの

① 内蔵HDD 1TB (息子のお下がり)

②   Mac対応の3.5インチ外付けドライブケース

※ USB3.1 Gen.1=USB Type-A 3.1(USB3.0の上位互換規格)
他社の外付けドライブケースで、「Windows用ってしか書いてないけどMacでも使えた」報告はあるけれど、もし使えなかった時にめちゃくちゃ凹みそうだから、店員さんに「Macに対応してますか?」って確認してから購入。

③ Apple 純正 USB Type-C to Type-A 変換プラグ

(Time Machine用外付けドライブのために専有化する)
USB Type-C to USB 3.0Bのケーブルがあればアダプタいらないけど、純正付属品を使わずに差し替えして相性問題が起きると嫌なのでやめた。

追加購入品合計:4800円(税抜き)

開封の儀の様子

 

 作り方

① HDDを側面パネルの端子に差し込む

② 側面をネジで留める

③ ケースをかぶせる

④ Mac OS用にフォーマットする

この時、「(ディスク名)を消去しますか?」て聞かたら、[ 消去 ] をクリックする。
[ 消去 ] は Mac用に作り替える の意味だから。
ディスク内に保存されてるものを消すのとは全く違う。
フォーマットが終わったら、取り付けたディスクの容量と近い数値分、容量が表示されているかチェックするのを忘れずに!

1TBの外付けHDDをマウントした(=MacBookにUSBケーブルでつなぐこと)ので、Time Machineに入った時に「計1TB」と表示されていればOK!
もしも、「計〇〇TB」の部分が外付けドライブの容量の数値よりも小さかったら、Macで読み出すことのできないデータがHDD内に残ってるってことになる。

こんなやつ。
MacでもWindowsでも、外付けドライブをつないだ時は、何か書き込みできる余地分だけ「利用可能」て表示されるから、このまま使ったらMacBookの本体SSDよりも容量少ないTime Machineになっちゃって、バックアップ先にする意味がなくなる。
どんなPCのバックアップ先にも言えることだけど、バックアップ先のドライブは、バックアップしたいPCに積まれている

【システムディスク容量+ユーザーの製作物容量 *1】の最低2倍の容量

は必要。

*1 Macの場合は、システム領域と「書類」「写真」「後からダウンロードしたアプリ類」の容量の合計値

さて、いよいよTime Machine用外付けHDDを、MacBook(Pro 2017、それ以外でもUSB Type-Cモデル)につなぐよ。
Mac対応が明確な外付けドライブケースで、差し込み口がUSB Type-C(Gen.2)のものは見当たらない。
(Windows用なら少しずつ出てきた。コレとか→玄人志向 GW3.5ACX2-U3.1AC )
そこで、Apple公式のUSB Type-C to Type-Aアダプタを、Time Machine外付け向けに専用化。

とにかく、ドックステーションを差さずに済ますのが、こまめにバックアップをとる習慣づけに役立つ気がしたので、この構成にした。
(店員さんお勧めの方法でもある)
この外付けHDDは、縦置き用スタンドがあまりにも華奢で、かといって横置きにすると床やテーブル天板に接してしまって放熱効率悪そうに思ったので、ちょこっと加工した。

100円ショップさん、EVAクッションパッド・・・
ちょうど、デスクトップPCにゴム脚をつけるノリで・・・( ´∀` )・・・安定感と放熱効率がよければ、外観のオサレさは諦めた!

 

 

Macのバックアップ法は、もともといろいろあったのだけど、AirMac Time Capsuleが一番設定が簡単で、「Macに接続した(USB有線)外付けドライブ」が一番安上がり。
NASを使えば、互いがインターネットにつながっている限りバックアップ作業を自動化できるけど・・・

 

Leave a message!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください