パソコン組んでみるよ。(10) まさかの親子同時自作

Windows 7をこよなく愛してきた娘1のPCが、今月に入ってからいよいよ不調になってきた・・・との報告を受けた。
機械類のことを詳しく調べたがらないタイプのようで、「完全に壊れるまで(たとえサポート切れても)Windows 7使い続ける!」とまで言っていた娘1だが、再起動ループが起きるようになって、いよいよやばいかな?と思うようになったみたい。

 

仕事でガンガンPCを使うわけじゃないから、Windows 10機に新品はいらない。けど 【自作erのお下がり部品で組んだ中古PCならば欲しい】

と今年始めから娘1は言っていた。

娘1は、息子2号機(アパートで使っていたLinux専用機)のリニューアルタイミングを狙っていたし、息子も、大学卒業が決まったら2号機のパーツ格上げを狙っていた。
息子の大学卒業祝い品は、第8世代intel Core i3のCPU+マザーボードセット。
メインメモリ4GB×2枚がついて、約30000円(税抜き)、それぞれをバラに買うより安い構成。

Win7 PCがいよいよダメかも・・・との娘1の声を受け、息子2号機のケースは、娘1用Windows 10用に組み換えすることにして、息子は新たに廉価なPCケースを探す。

つまりは、

息子と私とが同じタイミングでデスクトップを組む

—事態になったのだ。

 

私の成績処理仕事終了と共に、息子とPCショップやリサイクルショップ巡りをして、パーツ集め。
夕食後からは、我が家の自作er2人が、怪しく旧機解体。

写真右は私の初号機だけど、DVDドライブを息子に譲るために、バラしてる。
ついでに、全部のファンを7色可変にするのと、DVDドライブをBluRayドライブに格上げもしてしまう★

 

CPUとマザーボードは、とりあえずセット扱い。
CPUは intel Pentium G4400(第6世代、Skylake)、チップセットも3代前のモデルで、ケースファン用プラグは1個だけだし、M2 SSD対応はなし。

先月まで息子2号機だったものが、娘1用Windows 10に生まれ変わるので、息子がアパートで研究用に使うLinux機は、通算4号機(4台目の自作)になる。
自作デスクトップは、一時に複数台組むことになった時、使えるパーツは使い続けたり、家族間で使い回しできる点が、ホント環境に優しいと思う。
CPUやマザーボードは新しくてナンボだけど、それ以外は中古パーツの寄せ集めでもPCとして成り立つし、現に旧式のメーカー製PCのメインメモリやシステムディスク容量を増設したものが「再生中古PC」として流通していたりもする。

 


息子4号機のケース Enermax Coenus
海外向け商品なのか、アマゾン.co.jpではえらく高い。
それを某リサイクルショップにて3000円(税抜き)でゲットしたが、2.5インチと3.5インチのシャドウベイに「取り付け用パーツ」がついていなかった・・・

手持ちケースに合うかどうか、ハラハラしながらハードディスクブラケットなる部品探してゲットするのかなぁ?

中古で買ったEnermaxのケース(息子4号機用)に、青色ファンが1個ついてきた。
ちょっと得した気分。


娘1用の新旧PC比較表。
新機は、Windows10のOS新規購入と、2人分の自作機パーツ寄せ集め(使いまわしともいう)と旧機買い取りでの減価償却分を含めて、5万円以内を目指す。

【参考】息子用サブ(アパートで使う)の新旧比較表

結局、パーツ流用+旧機減価償却込みで、10万未満で2台組むプラン(*’▽’)

Leave a message!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください