言うは易く行うは難し。

・・・レアジョブで「毎日1コマ(25分)レッスン受ける」こと。
頑張れる時は2コマ/日受けられるけど、ダメな時はとことんダメ。
この夏の受講状況を振り返ってみた。

特に、仕事絡みの急ぎの書類がある時と、それを終えた後に、レッスンをおさぼりしがちになる傾向。
それだけ、処理落ちしてるってことだ。
だいたい、急ぎの仕事後に燃え尽きるのは、1週間くらい。
その後は、「やばい、またがんばろう」て感じでレッスン受ける習慣を立て直す。
しかも、絶妙なタイミングで、レッスンチケット増量サービス が来るんだなぁ・・・
2コマ/日受けてる時は、大概どこかでレッスンチケット5枚セット(+1枚増量)買ってる。

今年1月の 8回目のカウンセリング の時に、2コマ/日コースにするか、1コマ/日コース+レッスンチケットにするかに悩んで、カウンセラーさんに相談していた。
その時は、【1コマ/日コース+レッスンチケット(つまり、基本の受講コマ数を増やさない)】を提案され、素直に応じたのだけど、思えばレッスン1コマ当たりのコスパは落ちるけど、「自分で自分を奮い立てられなかった時の敗北感」は確かに少ない。
週当たりのレッスン目標も、「こんなんでいいの?」てくらい少なく設定しているが、何かを習慣化させようとする時、「白星(=目標達成)を積む」のは想像以上に大事なんだと感じる。

普段の生活では、他人に怒られる/否定される場面が避けられないこともある。
だからこそ、英語学習する時くらい、褒め言葉いっぱいにしていいと思う。
他人に褒められずとも、自分で自分を褒める場を見つける。
自分に厳しくならなきゃいけない時もあるけれど、それは白星の味を覚えた後でいい気がする。
白星は簡単に取れてしまうのはそれはそれで問題なんで、僅差で勝つ・どうにかこうにか目標達成するのが大事かなぁ・・・
要は

Looking at the bright side spirit

普段使わない言葉(=英語)を使う時くらい、自分に対してポジティヴな言葉を浴びせよう。

Leave a message!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください