夏季スクーリング2018(2)マルチメディア演習編

スクーリング日程:

8/17(金)~8/21(火)4限~6限

1日目:Adobe Illustrator で、5×5コマ写真ポスターを作る

2日目:1日目作品についての発表
静的Webサイト製作

3日目:Adobe Photoshopで「コラ画」(複数の写真や画像類を組み合わせて新たな絵を造る)

4日目:3日目作品についての発表
Adobe Premiereで30秒CM製作(~5日目5限迄作業時間)

5日目:4限~5限 30秒CM with Premiere続き
6限 CM上映会、教授講評

宿泊地:新宿区役所前カプセルホテル (8/16~8/20まで滞在)

 


※画像はAmazonのWebサイトよりお借りしました。

マルチメディア演習とは、実はAdobeアプリのトレーニングだった!
そして、我が学舎はAdobeアプリの練習はMacでやる。
通信課程では大きく宣伝していないのだが、全日制課程にはメディア文化コース(アート専攻)があるのだ。
なぜだか、高校の情報(一種)教員免許には、メディアアートの単位取得が必修になっている。
Adobeアプリは職場のPCには絶対入ってないし、もし入れたらおそらく度重なるフリーズが容易に予想できる(そのくらい、高校のPCって省コスト構成)。
自分用PCにインストールするのには、値が張りすぎて思わず怯むAdobe Suite。
それを、大学のMacで(学外に課題持ち出しなしで、授業時間内で)速習する・・・てのがこの科目。

昨年度、「情報通信、思い出したくもない!」と宣っていた学友、マルチメディア演習は楽しんだようだったので、今年の夏スクーリングが始まる前までは、正直こちらの科目のほうがワクワクしていた。
だが、Mac初心者じゃないのに、Adobe×Macは、思った以上に難しかった。
UIに慣れなさすぎる!
特にイラレとフォトショ・・・(´;ω;`)ウゥゥ
「授業外で練習できる環境がないと、PCってこんなにつらいのか?」とさえ思った。
C言語、Java、JavaScriptみたいに、思い切りわかんなくて動かせない方がまだ清々しい。
殊にPhotoshopでの写真加工や編集は、同カテ廉価フリーソフトで慣らしてしまった癖が盛大に邪魔をした。

動画編集(Premiere)のほうが、完全に未体験ゾーン=変な癖がついてないで、楽しめたように思う。
動画編集、ハマってる人はハマってるのは中学、高校の同期からの風の便りで聞いてたけど、アプリが高額だったから覚えること諦めてた。
「イラレムズイ」「フォトショ思ったよりしんどい」と思いながらも刺激的だった、マルチメディア演習。
やっぱりMacはいいね★
腐ってもMac。
遅くてもMac。
映像や音質は素晴らしかった。

 

 

Leave a message!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください