#夏タビ宮城 2日目(その2)

夏タビの旅程:

7/21(土)深夜、茨城発(水戸)⇒朝食@道の駅そうま⇒仙台城址⇒松島⇒石巻(泊)

7/22(日)石巻発⇒コンビニで朝食⇒石巻港⇒(網地島ライン)⇒田代島(昼食@小・中学校跡地の休憩所)⇒(網地島ライン)⇒石巻港⇒南三陸さんさん商店街⇒夕食@道の駅上品(じょうぼん)の郷⇒茨城着(土浦)

1日目(その1)→ (その2) → (その3
2日目(その1) → (その2)イマココ・完結するよ

「かわええぇぇぇぇ~~~~~~~」

—を脳内で500連発くらいして、田代島を後にする。
復路の船内は爆睡・・・(´   )_ …zzZZ
田代島で例外的にかわいくなかったのは、ヘビとコイツだ。

ヒザラガイ!!!

素足で踏んだら、足底を切ってしまいそうな、黒いやつ。
どうも、コイツが子どもの時からダメだ。
帰りの船に乗る前、娘2と港近くで海に足入れて涼んでいたのだが、私はコイツ見て一気に萎えた。
Webによると、食用としても流通してないとか・・・

 

そんなヒザラガイショックも、帰りの船で爆睡したらスッキリ。
「さぁ~、さんさん商店街で夕食だ♪」と気持ちを切り替えることができた。

 

 

南三陸町に少しでも早く入りたくて、石巻から三陸自動車道を通るのが迷いにくいのだけど、石巻の船着き場から三陸自動車道に入る手前でまさかのエンスト(´;ω;`)ウゥゥ
高速道路でエンストすると、他の車にも迷惑かけるし、車を修理・点検してもらうことさえできない。
よって、時間はかかっても行けるトコまで一般道を使用。
ひたすらグーグルマップ先生の仰せの通りに進む(但し「有料道路を使用しない」の設定)。
2:12 pm 仁斗田発の船に乗ったのに、さんさん商店街に着いたのは5 pmをちょっと過ぎた頃。
ガイドブックには「6時閉店」の店もちらほら・・・

やばい、思ったほどさんさん商店街味わえない💦

落ち込むのも時間の無駄なんで、キモチ切り替えて、お土産選び。
田代島ではほとんどお土産を買っていなかったから、義母と息子へのお土産をさんさん商店街で選ぶ。
商店街いいな・・・
ショッピングモールでは失われてしまったほっこり感がある。
夜遅くまで開いてなくたっていい。
クレカが使えなくたっていい。
言葉に表せないけど、動物的感情に訴えかけてくる良さがある。

お土産を買って、

顔出し看板を愛でて、

さあ晩御飯!

—と思ったが、ちょっと待て。
娘2は魚介が食えない。
肉料理を探さないと・・・

やっと見つけた「牛タン串」の店(^-^) だが

売り切れ。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

ついでにキラキラ丼を食べる夢も潰えた。
キラキラ丼(夏季はウニ丼)はお値段バカ高なの・・・
しかも数量限定だったりする。

 

結局、さんさん商店街での夕食は諦めた。
それでも、「一汁一菜の揃ったごはんを食べる」ことは死守し、道の駅狙いに切り替え。
山側から石巻に入って、上品(じょうぼん)の郷 で晩御飯。

この日はたまたま地元の民謡歌手(ベテラン師匠+弟子歌手のお姉さん達)の方々がライブをしていた。
廉価なディナーショー・・・
歌い手さんの知名度とか関係なく、生歌っていいな♪

 

足湯は故障中だったけど、それでも十分元気を取り戻して、茨城へ。
弾丸旅も気が付けば最終章。
石巻~茨城は、さすがに一気に走り抜けることはできなかった。
常磐道楢葉PAでそこそこな時間仮眠した。
(またもや放射能濃い地帯・・・)

 

娘2が郵便物を受け取るために、深夜は自宅でなく娘2のアパートに泊まる。
翌日、R6沿いのココス(多分・・・)で昼食で、夏タビは完結♪

 

そして、私の18万キロ走ったポンコツ車も、この旅の2週間後に、車生?を完結することになるのだった。
(画像は いらすとや さんよりお借りしました)

 

 

 

Leave a message!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください