パソコン組んでみるよ。(5)PCケースにマザーボードを取り付ける。

バックパネルを取り付けたら、ようやくマザーボードをPCケースに取り付けるよ。
ここで大事なのは、マザーボードの各端子が、バックパネルと合うかどうか。
マザーボードは、電源入れれば(電流が流れれば)発熱するから、PCケース壁面に直に接していては危ない。
それで、PCケースは、マザーボードを取り付けた時に少し隙間ができるような構造になっている。
どうやってマザーボードと筐体の間に隙間を作るかは、PCケースのメーカーやらモデルによる差が大きい。

thermaltake_h25inside
私が選んだ、Thermaltake Versa H25 では、マザーボード取り付け穴部分が心持ち盛り上がっていた(数ミリ程度だが)。
自作PC教本には、マザーボードを取り付ける前にスペーサーをつけましょう書いてあったんで、スペーサーつけてみたけど、どうもバックパネルの穴に端子がぴったり合わない。
ものは試しに、スペーサーなしでマザーボードつけてみたらぴったり合ったんで、「Thermaltake Versa H25とASRockのマザボは、スペーサーなしでハマるんだな」と学習。

他には・・・

sama_kurosuke_inside
SAMA ATXマザー対応ミドルタワーPCケース(黒透) (我が家にコレの購入者いませんが、参考資料)だと、金色っぽいネジ穴的なものが見える。
スペーサー内臓タイプかな?
直接マザボ留めてみてバックパネルと合わなければ、スペーサー取り付けるのかなぁ?
(考察間違ってたらお詫びいたします)

ちなみに「スペーサー」はこんな形をしてる。
spacer_screw
単体でも買えるけど、自作PC向けがひとまとめになったネジセットも便利。
私はPCデポで1000いくらで買った。
(通販のほうが明らかに安いけど、自作に不慣れなうちは多少高くついても店頭買いが安心)
AINEX ネジセットケース付き

pccaseinside_enermax
※画像は、Enermaxのサイトからお借りしました
ネジ穴部盛り上がってなくて、かつ金色の物体も見えないようなPCケースには、スペーサー必須。(スペーサーでマザーボード固定用のネジ穴を浮かせる仕様になる)
どのタイプのPCケースを使うにせよ、マザーボード取り付けは、バックパネルはめるのより100倍くらいラクチン。
マザーボードをPCケースに取り付ける時は、要は下記2つのツボを押さえればOK。

(1)マザーボードがPCケース壁面に直に接しないようにする
(2)端子がバックパネルの穴とぴったり合うようにする

1

マザーボード取り付け時、一気に組み上げてしまいたいならばマザーボードに各種拡張カード取り付けてからケースに取り付けるもよし、通電チェックをしたいなら、拡張カード無しで取り付けるもまたよし。

次は、各種ドライブを取り付けるよ!

Post your comment here:

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中