[ レアジョブ あんしんパッケージ ] 4回目 カウンセリングの覚え書き。

🔖 初カウンセリングの覚え書き

🔖 2回目&3回目カウンセリングの覚え書き

文字起こし面倒くさくって、カウンセリング履歴のスクショにメモを書き足してます。

紙にメモを書き添える感覚で、Photoscapeで文字入れしました。

前回は相談に乗っていただくというのでなく、お礼のみで終わり。11月くらいに次のカウンセリング受講のおすすめが来てたけど、この時期は大学のテストと職場での成績処理で英語は休眠。学年末試験問題を作り終えて少しだけホッとしている時に、思い出したようにカウンセリングとレッスンとを受けました。

 

この頃・・・もとい、学年末評定を提出し終えて、かつ娘2が無事高校を卒業した後が、一番英語【楽しかった】です。低負荷で気楽で快適な楽しさでした。

低負荷・気楽・快適ならば最高の学習環境・・・と思ったっていいのかもしれないのに、根がどこかドMなのか、「成し遂げた感をどうやって感じるか?」がないと惰性で終わってしまう・・・という不安もありました。

子ども時代、父からは怒鳴られこそしないまでも無言の監視を受け、母からは麦踏み的な(=丈夫に逞しくと願うがゆえに厳しく仕込む)愛情を受けたことが関係あるのかないのか、楽をする=怠惰、苦労する=勤勉 的な思想を、いまひとつスッキリと消せずにいました。

でも、今回のカウンセリングで「カリキュラム」を設定することで初めて、 【ほどほどポイント】を見つけられた気がしています。

楽をすること自体は決して悪ではない。でも、「気が向こうが向くまいが一つの教材をやり通す」場も必ず作る・・・

いつ終わるかわからない果てしない目標を目指すよりも、終わりの見えるものを目指すほうが、楽チンなんです。その「終わり方」は、テキストとか教材の最終章のこともあるし、受講回数の節目みたいな数字だったりするんだけど、「短い1章の終わり方」の設定法は、独学(自己流)よりも第三者の目(コーチ/ メンター/ カウンセラー)があるほうが、明らかに失敗しにくいです。

 

ノルマクリアのためには、5/7までに 318回レッスン受けてなきゃならない計算になるのだけど・・・達成できるかな? 振替レッスンのレート(以前は音質悪いとかSkype不通が長いとかで振替もらえたが、今は別途課金になってしまいました。しかも有効期限も短縮)変わったから、意地で受講目標回数にたどり着くには課金止む無しかもしれないなぁ。