#レアジョブ 先生をブクマする時の気持ち。(レアジョブに限らないと思う)

This post has already been read 82 times!

自分にとって「特定先生をブクマする」とは?

「ブクマしてる先生」=お気に入り=指名・・・とは、思っていない。
「ブクマしてる先生」=お気に入り、までは当てはまるけど、ブクマしてない先生とのレッスンがイマイチ楽しくないわけではない。
初めてレッスンした時がすごく楽しかった→即ブクマは、あまりない。
2015年辺りまでは、ブクマするまでに4~5回レッスンしたり、初レッスンから半年後にブクマする・・・なんてこともあった。
じゃあ、「ブクマしてる先生」=ご指名でないのなら、何なのか???

推し

言い換えると、「応援票」であり、【だれ先生を推してます】の表明
先生の勤務評定が上がると、「○○認定講師」とかに選ばれるようなんだけど、そうすると、好きな役者さんやミュージシャンにでっかい仕事が来た時みたいに、嬉しくなる。
ブクマすることで自分が彼/彼女のレッスンを予約しやすくなるかは、私の場合はほぼ関係なかったりする。

(注)上半期は1月~6月、下半期は7月~12月を表す

2020/03現在ブクマしている先生を「いつブクマし始めたか?」を調べて、グラフにしてみた。
現在一番長期間ブクマしている先生(男性)は、2014年5月頃に初めてレッスンを取り、4~5回レッスンを受けた後に下半期でブックマークしている。
今ではレッスンチケットで先行予約しないと「宝くじ的確率」でしか予約が取れないほどだけど、【どーせレッスンできないからブクマ外す!】とは不思議と思わない。

入会初年(2014初旬)に初レッスンした時「この先生とフリーカンバセーションをするとホッとする」と感じて、自分の中で【フリーカンバセーション枠のイチオシ】だった先生(女性)も、なかなか予約が取りづらかった。
大盛り上がりするわけではないのだが、初年は「フィリピンでは見られないものを見せたい!」と、あえて屋外で季節の花などをSkypeキャスト(感度悪い時はカメラOFFでリアタイで写真を投げる)するスタイルのフリーカンバセーションを多く持った。
翌年になってから、「こんなに話しててホッとする先生なら、フリーカンバセーションだけでは申し訳ない」と感じ、教材でもレッスンをするようになった。
(それでもたまに、特に久しぶりにレッスンした時などは、互いに近況報告に夢中になって教材やるの忘れちゃったりするが、それもまた楽し)
彼女も、予約取れようが取れまいが関係なくブクマし続けたい枠。

グラフでは、2014年上半期(1~6月)と2015年上半期のブクマした先生の人数がゼロになってるけど、それは「この時期にブクマしてた先生方は、(a) レアジョブをやめてしまっている、(b) レアジョブにいらっしゃるが現在はブクマしていない —のどちらか。

 

[3] 先生をブクマ外しする条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。