パソコン組んでみるよ。(15-4)パソコンの「最小構成」を考える

しば2号機製作工程 (赤字部分が本記事で扱っている作業工程)

(15-2) ベイ内の配置決め。
(15-3) CPUとCPUクーラー、ケースファンを取り付ける。
(15-4) 「あどれさぶるRGBファン」初挑戦!
(15-5) OS入ってないけど、検品。
(15-6) とりあえず、Windowsをインストール。
(15-7) まさかのパーツ不足・・・
(15-8) 光るPCはサイドパネルが透けてりゃいいってわけじゃない。

自作PCは、組み立て終えたらそれで終わりではなく、組み立て終えてからが本当の意味でそのPCとの付き合いの始まり。
メーカー製の(完成済み)PCを買う時は、組み立て終えた状態でそのPCと出会い、最速、購入した瞬間からそのPCとの付き合いが始まるのと対照的なところ。
せっかく組み立ててみても、動かないのではそれはPCとは呼べないし、動いても不具合ばかりを起こしているのでは、自作PCのデメリットばかりが目立ってしまう。

自作PCのメリット・・・(1)完成品を買うより安く、(2)モノを作る喜びを味わうことができて、(3)PCの使用目的と照らして機能に無駄がない・・・を享受するためには、それ以上に、安全・快適に自作PCを使うために、私は、たとえ全工程一人で作ることができても、プロの方(=PC修理工さんとか、自作PCを取り扱うショップの店員さん等)に点検していただいて、品質チェックを受けることは欠かせないと考える。 ※工程表の「検品」の部分

 

(1)「検品」タイミング

自作PCは、本格的に使い始める前に(使い始め直後がギリギリのタイミングかなぁ)プロの方に点検してもらえば問題ないけど、理想は【最小構成】の段階で検品を受けるのがよい。
【最小構成】とは、自作デスクトップPCが最低限PCとして機能するパーツ構成(=M/Bに何がつながっているか)を指すのだけど、「最低限PCとして機能する」て部分の解釈は、(a)「通電する/CPU、メインメモリ、ファン等が動く」最小構成 と、(b)「OSが動く」最小構成 に分かれる。
それぞれの【最小構成】で、何がM/Bにつながっているかを表にまとめてみると・・・

どんな「最小構成」? M/B(マザーボード)につなぐもの
(a) 通電する最小構成 電源(電源ボックスから伸びる各種ケーブル)、メインメモリ(最低1枚)、CPU、CPUクーラー、ケースファン、(PCケースから伸びる)USBケーブル、フロント―オーディオケーブル、パワースイッチやLED灯用ジャンパーケーブル
(b) OSが動く最小構成 電源(電源ボックスから伸びる各種ケーブル)、メインメモリ(最低1枚)、CPU、CPUクーラー、ケースファン、システムディスク(UEFIとOSのみをインストール)、(PCケースから伸びる)USBケーブル、フロント―オーディオケーブル、パワースイッチやLED灯用ジャンパーケーブル、マウス、キーボード、ディスプレイ

(a) 通電する最小構成 でのチェックポイントは、ケースの電源スイッチをオンにした時にファンが回るか、オフにした時にファンが止まるかのみ。この時、光るファンを使っていると、電源オン時にファンが光るからわかりやすい。

(b) OSが動く最小構成 でのチェックポイントは、何段階かある。
始めは、(a)と同じチェックポイント。まず、電源オン・オフがスムーズにできて、電源オン時にファンが回るか。
回れば、ファンがM/Bに正しく接続されている。
次に、電源ON時にディスプレイに何か映るか。これは、システムディスクの中身によって何が映るかは変わってくる。
システムディスクを購入したままの状態でつないでも、ディスプレイには何も映らない。
PCに○○ディスクをつなぐには、接続したい種のPCで認識されるようにフォーマットする必要がある。(OSにWindowsを選ぶならNTFS方式、Linuxを選ぶならExFAT方式に、OSをインストール前にシステムディスクのタイプを決めるのが「フォーマット」)

私は、今までに通算3台自作デスクトップに取り組んでいるけれど、最初の2台はWindows10のみインストールで行きつけPCショップに検品に出した。(OSインストールまではそれなりに順調だったと感じたから。
電装品DIYでは、コンセント入れた時に明かりがつく、ファンやモーターが回る・・・を確認できれば、素人目にはひと安心だから。
3台目(この記事で話題にしてるデスクトップ)は、UEFIのみインストールした時点で、電源オンにしてもBIOS画面(Windows10では、UEFI設定画面)さえ出なかったので、OSインストールよりも前にPCショップに持って行った。

検品結果・・・

1台目(しば初号機、現・娘2の通算4台目PC):ファンの取り付け方向が間違っていた

上が間違った取り付け方、下が修正した図。
サイドフロー空冷CPUファンは、そもそもケース側板から見て縦向きについていないと、ファンが外気をケース内に取り込んだり、ケース内の熱気を外に排出したりの「気流」を正しく作れない。
ファンの「向き」も重要。
画像に載ってないけど、ケースファンでもファンの取り付け向きは重要。(大概、製造元のラベルが貼ってあるほうが吸気側)

 

2台目(娘1の3台目PC、息子2号機からの再生品):間違い箇所特になし

点検ついでに、ウィルス対策ソフトウェアのインストールをお願いした。
このPCのケースには、DVDディスクドライブがついてなくて、外付けDVDドライブを使ってUEFIのインストールをした。
素の状態で外付けDVDドライブをUSBケーブルでつないでUEFIをインストールしたのだが、素の状態ではアプリのセットアップ用DVDと音楽CDしか再生できなかった(😢)

 

3台目(しば2号機):通電OK、UEFIインストールは成功、OSインストールディスク認識せず

画面にPCの中身が何も映らない(「シグナルが検出されません」メッセージが出る)のは、非常に不安になる。
迷わずPCショップに持っていき、修理(点検)申込書を書く。
文中の「BIOS一瞬映ったが」のBIOSってのは、この画面。

CPUの性能や、ファンの冷却能力、RAM(メインメモリ)の容量、システムディスクや各種ドライブはどんなものがつながっているか・・・などが書いてある管理画面。
OSが何も入っていない時は、電源オンしたらコレが画面に映るのが正常。
だけど、OSがインストールされた後は、「電源を入れたらこの画面でなくてOSが立ち上がる」のが正常に変わる。※途中何が映ろうが、OSがインストールされているなら、電源オンしたらOSが立ち上がらないのはどこかしらに不具合あり

点検の結果は・・・24ピンATXケーブルがうまく差さっていなかった とのこと。
店員さんに直していただいて、再チャレンジ。

今回も、(b) OSが動く最小構成 でショップで検品。
画面に何も映らないトラブルがなくて、OSも無事インストールできていたとしても、これと同じ構成でショップで検品していたと思う。
「OSが動く最小構成」で検品を受けるのは、それがメーカー製(組み上がり済み)PCの工場出荷時状態に一番近いと感じるから。

 

[ 次ページ:晴れてOSをインストール ]